• スマホサイトを作りたい!
  • レスポンシブデザインに挑戦したい!
  • 求められるWebデザイナーになりたい!

そんな方におすすめのオンライン授業

スマートフォンサイト構築講座

授業内容が新しくなりました

受講期間:全3ヶ月 価格:30,240円(税込)

これからの必須スキル「レスポンシブWebデザイン」を身につける!

スマートフォン、タブレットが普及し、マルチデバイス対応(各デバイスに合わせたサイト制作)の必要性が高まる昨今、レスポンシブWebデザイン(略してRWD)のキーワードを聞くようになりました。「レスポンシブWebデザイン」とは、そのWebページにアクセスしたデバイスの画面サイズによって、自動的にレイアウトが切り替わるデザインのことです。いま最も求められている力である「レスポンシブWebデザイン」の基礎知識を習得し、最終的にはスマートフォンサイトのページを制作する本講座。「明日から、スマートフォンサイトの制作を受注したい!」「マルチデバイスに対応できるデザイナーになりたい!」という皆さんにぴったりの講座です。

動画で講座の中身をチェック!(3分間)

「スマートフォンサイト構築講座」3つのポイント

マルチデバイスに対応した
Webサイト構築を学べる!

これからのWebサイトはスマートフォン対応無しでは考えられません。また、同様にタブレットの普及もあり、PC・タブレット・スマートフォンに対応(マルチデバイス対応)する必要性もでてきてます。そこでレスポンシブWebデザインという手法も使いつつ対応する方法を学びましょう。

Microsoft MVP受賞の
プロクリエイターが講師を担当!

Microsoft MVP(Bing Maps Development)を受賞したクリエイター・山崎大助氏が講師を担当します。@IT、日経ソフトウエアなど数々のメディアで執筆を手掛け、日経PC21「名作フリーソフトを訪ねて」でも自身の開発したアプリが選出するなど、業界の最前線で活躍するプロから指導を受けることができます。

講師・山崎大助氏

動画授業はスマホで閲覧可能、
いつでもどこでも学べる!

授業はすべてオンライン配信なため、インターネット環境とデバイスがあれば、いつでもどこでも学習できます。スマートフォン・タブレット端末からも動画を閲覧できるので、自宅や会社だけでなく、通勤電車や家事のスキマ時間を活用して学びを進めることも可能です。
学習方法の詳細はこちら

さらに

Adobe Creative Cloud アカデミック版を購入可能

デジハリ・オンラインスクールに入学すると、Photoshop、Illustratorなどのデザインソフトを月額制で使用できる「Adobe Creative Cloud」を、学生特別価格にて購入いただくことができます。「お得にデザインソフトを手に入れたい」という方にも、オンライン講座はおすすめです。

Adobe Creative Cloud

カリキュラム

  1. スマートフォンとは
  2. スマートフォンサイトの必要性と特徴
  3. サイト制作時の決め事(OS、OSバージョン、ブラウザ対応)
  4. 端末の画面サイズ・解像度
  5. 検証環境の準備(方法など)
  6. PC、フィーチャーフォン、スマートフォンの違い
    (スペック、技術面での違い)
  7. スマートフォンサイトの制作手順
  8. スマートフォンサイトのレイアウト基本
  9. ユーザビリティ・アクセシビリティ
  10. スマートフォンサイトUI設計のポイント
  11. スマートフォンでのJavascript
  12. Javascriptフレームワークの紹介
  13. マルチデバイス対応(PC、Tablet、Mobile)
  14. なぜマルチデバイス対応が必要なのか?
  15. マルチデバイス対応方法(ユーザーエージェント、URL、RDW)
  16. レスポンシブWebデザインとは
    (フルードグリッド・フルードイメージ)
  17. レスポンシブWebデザインのメリット・デメリット
  18. モバイルファーストとは?
  19. レスポンシブWebデザイン(MediaQueryes、CSS3)
  20. レスポンシブWebデザイン(breakPoint、ViewPort)
  21. レスポンシブWebデザイン(画像、レイアウトの定義方法)
  22. レスポンシブWebデザイン(検証方法)

講座概要

  • 受講期間
    【全3ヶ月】
  • 受講形式
    オンライン授業(実習動画)
  • 動画時間
    約6時間
  • 受講料
    30,240円(税込)