3Dデザインを学ぶ際に、Mayaと3ds Max、どちらのソフトを選ぶかで頭を悩ませる人は多いと思います。この記事では、Mayaと3ds Maxの類似点や相違点を簡単に記し、それぞれの3D制作ソフトが得意とする分野や採用されている業界などを記載します。

自分の分野や目指す業界を基準にして、どちらのソフトを学習するか決断する際の参考にしてみてください。

 

Maya、3ds Maxとは?

Mayaと3ds Maxはどちらも3DCGを作るための、プロ向けのハイエンド3DCGソフトウエア です。映像制作、またはゲーム開発などの現場で、プロとして3DCGを作成している人の多くは、どちらか一方、もしくは両方のソフトを使っています。

Mayaでも3ds Maxでも、共に以下のことが実現できます。

・キャラクターアニメーションの作成

・映像の作成

・エフェクトの作成や追加

・レンダラーとしての使用

・CAD製品との連携

両ソフトともにさまざまな分野をカバーしており、多くの業種で採用されています。

採用実績が多いということは、逆に言えば最低でもどちらかを使いこなせることがプロとしての活動するための重要な要素ということになります。

 

Mayaと3ds Maxの違いは?

Mayaと3ds Maxの違いは?
両ソフトともに似ている点が多いのですが、当然違う点もあります。ここでは主な違いをいくつかご紹介します。

Mayaの特徴

Mayaの特徴は、豊富なツールセット です。導入直後にさまざまな機能を利用できます。

スクリプトによる拡張性 も魅力の1つで、プログラミングの知識が必要 となりますが独自の機能を追加することができます。このため、プログラマーを雇える環境であれば非常に有用なソフトです。

3ds Maxの特徴

3ds Maxはプラグインの数が多くプログラミングの知識がなくても機能の拡張が可能 です。

特にアニメーション系CG作成エフェクト に効果を発揮するプラグインがそろっており、そういった分野では3ds Maxの採用例が目立ちます。

Mayaでもプラグインは使えますが、3ds Maxでしか使えない専用プラグインもあります。プラグインの豊富さ では3ds Maxに軍配が上がるかもしれません。

プラグインの中には有料かつ高価な物も存在しますが、それらを導入し使いこなすことで3ds Maxはさらに有用なソフトとなります。

 

各ソフトが向いている分野や制作物

ここからは、具体的にどちらのソフトがどのような制作物を作るのに向いており、どのような業種・分野で活用されているのかを見ていきましょう。

Mayaに向いている制作物は?

向いている分野や制作物
Mayaはゲーム開発キャラクターアニメーション作成 に向いています。

実写映像との相性もよく、映像にエフェクトを入れるなどの加工時にも活用され、ハリウッドで多く使われています。

そのため、ゲーム・映画を含む映像業界・CM・VFXスタジオで使われることが多いです。

一部の機械系CADのデータ形式にも対応しているので、自動車など、デザイン性の高い部品を設計する際にも使われています。

ゲーム会社 の中では具体的に、任天堂・スクエア・エニックス・バンダイナムコゲームスなどがMayaを全面的に導入しています。VFXスタジオ ではレンダラーとしても多く用いられているようです。

上記のような業界を目指すのであれば、Mayaの学習の方が向いているかもしれません。

3ds Maxに向いている制作物は?

3ds Maxは特に、アニメーションCGの作成 に強く、対応したプラグインが数多くそろっています。3ds Maxの、3Dを2Dに見せる日本独自のプラグイン「Pencil」 は有名です。

また、レンダラーソフト「mental ray」「Vray」 などとの親和性から、高速・高品質なレンダリングが可能なレンダラーとしての活用も行われています。

また、建築業界においては、CADソフトと連携を行って完成予想図の作成等に使われています。以上のことから、アニメーション業界や映像製作業界、そして建築業界での採用例が多く見られます。

 

まとめ

3D制作ソフトを選ぶ時にMayaと3ds Maxで選択に迷ったら、進みたい業界や分野を考えるといいでしょう。ただし、Mayaと3ds Maxの両方を使っている会社も多いため、片方しか学んでいなくても意外と困らないかもしれません。

両者は基本的に似ている部分も多いため、まずはどちらかの3D制作ソフトを選んで勉強し、とにかく3D制作に精通することが大切です。

 


オンラインでも開講!画龍 早野海兵氏監修の3ds Max講座開講!

3DCGベーシック講座[3ds Max]
http://online.dhw.co.jp/course/3dcg/