Adobe After EffectsやAdobe Premiereは、映像を制作・編集する際に欠かすことができない大切なツールの1つです。しかし、両者の違いがいまひとつ分からないという方も多いのではないでしょうか。

映像系ソフトを使いこなすためには、ソフトの役割をきちんと理解することが大切です。本格的な映像制作に挑戦しようと考えている方は、まず両者の違いについて把握しておきましょう。

 

After Effects・Premiereとは?

After Effects・Premiere
After Effects
とは、アドビシステムズが販売している映像のデジタル合成やモーショングラフィックス制作などを目的としたソフトウエアです。

 

After Effectsには、レイヤーに適用する数多くのエフェクト機能が用意されています。エフェクトをかけることで色の補正やイメージの変形、新しいビジュアルの追加などを行うことが可能です。映像の編集作業やCM制作、アニメ・ゲームのコンテンツ制作など、幅広いジャンルの現場で利用されています。

 

Premiereもアドビシステムズが販売している、動画の編集を主な目的としたノンリニア編集のソフトウエアです。タイムライン上でカットの編集や合成、静止画の挿入などを行うことができます。

 

After EffectsとPremiereの違い

After EffectsとPremiereは、どちらも映像を編集する際に使用するソフトですが、それぞれの役割には明確な違いがあります。

 

基本的に、After Effectsは短いカットの映像や、細かい設定が必要な映像などを編集する際に使用します。さまざまなエフェクトを利用することで、より魅力的な映像を作り出すことが可能です。

 

一方、Premiereは、素材となる映像を時間軸でつなぎ合わせて1本の作品に仕上げることができるソフトです。

複数のカットをつなげたり、テロップを入れたりすることができます。長編かつ、あまり複雑ではない映像を作成する際に使用します。

 

After EffectsとPremiereの連携を取る

1つの映像を仕上げる
After EffectsとPremiereは、どちらもアドビシステムズが開発したソフトであるため連携して作業を行うことが可能です。After Effectsで制作した素材をPremiereでつなぎ合わせることによって、1つの映像を仕上げることができます。

 

例えば、子どもの運動会の映像を編集する場合、まずAfter Effectsを使用して画面を補正していきます。色や彩度などを調整し、子どもがはっきり映っている動画を制作することが可能です。

 

次に、Premiereを使用して不要なシーンはカットし、必要なシーンだけを残していきます。厳選したシーンだけが残るため、自分の子どもだけが映っている無駄のない映像に仕上げることが簡単にできます。

 

このように、After EffectsとPremiereを連携させることによって、効率的かつ高速に映像の編集を行えるようになるのです。

 

アドビシステムズのソフトには「ダイナミックリンク」と呼ばれる機能が搭載されており、この機能を使えばAfter Effectsで作成したファイルを簡単にPremiereに読み込ませることができます。両者を連携させて、クオリティの高い映像を制作してはいかがでしょうか。

 

まとめ

エフェクトをかけることを主な目的としたAfter Effectsに対して、素材を時間軸に並べてつなぎ合わせるPremiere。この2つの動画編集ソフトはそれぞれ異なった役割を持っており、連携させることによって非常に高度な映像制作を実現できます。

映像制作や編集のプロを目指している方をはじめ、趣味として映像制作を楽しみたいという方も、After EffectsやPremiereの導入を検討してはいかがでしょうか。


さらに学ぶためには?
デジハリ・オンラインスクールのオススメ講座