大ヒット映画の中にはさまざまなグラフィック技術が使われており、迫力ある美しい映像をコンピュータによって作り出すことが可能になりました。そのグラフィック技術には、耳馴染みのあるCGのほか、VFXやSFXなどもその1つとして利用されています。

ここでは、現代の迫力ある美しい映像づくりには欠かせないVFX技術や、CGとVFX技術の違い、SFXについてまとめてみました。

 

VFXとは?

VFXとは
VFXとは、「Visual Effects」の略で、視覚効果という意味を持っています。実際に現実では目にすることのできない画面効果を実現させるために、特撮を用いる映画やテレビドラマの中で使われる効果がVFXです。

さらに簡単に説明すると、デジタルカメラやコンピュータを使って映像を加工することです。例えば、ワイヤーアクションで撮った映像からワイヤーを消去する加工や、沈没する船の乗客を撮影し、船のCGと合成して映像を制作するものなどはVFXにあたります。

現実にあるものとつくりあげた架空の映像を合成し、違和感のないように仕上げる効果がVFXで、ファンタジーのような架空の世界もまるで現実にあるように見せることができます。

 

CGとVFXの違い

CGとVFXの違い
CGとはコンピュータグラフィックスのことで、コンピュータによって制作された映像のことを指します。映像の場合は、具体的に3DCGアニメーションのことをCGと呼ぶことが多いです。

例えば、アニメーション映画やグラフィックスの美しいゲームに使われているものが3DCGアニメーションにあたります。対してVFXは、3DCGを使って映像を作成し、実際の映像と組み合わせて加工するものです。

コンピュータを使って映像を加工するという点は、VFX、CGどちらも共通しています。両者の違いは、一からキャラクターや背景などをすべて作りあげて制作するフルアニメーションか、実際の映像と合成しているかで線引きができるでしょう。

しかし、現在ではそれぞれの技術を複雑に使って制作されることから、CGとVFXの違いがあまりはっきりしていないくらい、コンピュータが多用されているという実情があります。また、実際の映像と精緻なグラフィックスの見分けがつきにくいほど技術が進歩していることも、CGとVFXの境界があいまいになる理由といえます。

 

SFXとは?

SFXとは、Special Effectsという特殊撮影を意味する言葉の略です。映像に対して特殊な効果を施すことにより、現実にはありえない映像を作り出す技術のことを指します。VFXやCGとは、「現実にはありえないものを映像で作り出す」という点で共通しているのです。

SFXの技術は、美術や舞台装置によるものと、撮影技術や光学処理によるものに分けられますが、現在では光学処理でしか行えなかったものをデジタル処理で行うようになったものもあります。ここでのデジタル処理が、VFXやCGにあたるのです。

現在のようにデジタル処理が主流になる前の具体的な装置は、ミニチュア・着ぐるみ・スーツアクター・特殊メイク・火薬・爆薬・ワイヤーアクションなどが使われ、具体的な技術にはバレットタイム・ブルーバック撮影・スクリーンプロセスなどが行われていました。しかし、これらの技術もデジタル処理が可能になったことで人手を減らすことができ、大掛かりな撮影でなくても映像が制作できるようになったのです。

 

まとめ

VFXやCG技術の進化により、さらにリアリティのある映像制作が可能になりました。クリエイターの中には、ようやく自分が求めるレベルまで技術が追い付いてきたことで、アイデアの映像化ができたという人もいるほどです。表現する技術がさらに進化することで、より自分のイメージするものを周囲に伝えやすくなり、多くの人にさらなる感動を与えられるようになるでしょう。


さらに学ぶためには?
デジハリ・オンラインスクールのオススメ講座