グラフィックデザイナーの使命はクライアントの意向に沿ったデザインをすることです。

グラフィックデザイナーはクリエイティブで華々しい職業というイメージが先行しがちですが、最終的なデザインが完成するまでにはクライアントとの打ち合わせから始まり、素材集め、デザイン、納品までさまざまな工程を経ています。それでは、グラフィックデザイナーの仕事内容と活躍の場、年収について見てみましょう。

 

 

グラフィックデザイナーとは

グラフィックデザイナーとは「グラフィックデザイナー」とは、雑誌や新聞、広告にポスター、商品パッケージやインテリアなどのデザインをする人のことです。

 

複数の仕事を抱えながら納期に間に合うようにスケジュール管理を行う能力、クライアントが求めているものをしっかりと聞き出すヒアリング能力が求められます。

大変さはありますが、自分が手掛けたデザインを世の中に送り出すことにやりがいを感じる方が多いようです。

 

グラフィックデザイナーの仕事の流れ

グラフィックデザイナーの仕事内容最初にやることは、クライアントへのヒアリングです。広告制作会社に所属するグラフィックデザイナーであれば、広告代理店やメーカーなどクライアントと打ち合わせを行い、商品のコンセプトやテーマを確認します。

次は、写真やイラストなどのデザイン素材集めです。チームで仕事を進める場合、写真はカメラマン、イラストはイラストレーターに依頼する場合もあります。

続いて、集めた素材に色や文字による加工を行い、平面上にレイアウトしていきます。クオリティを高めるためのポイントは、クライアントのテーマやコンセプトが盛り込まれているか意識し、完成形をイメージしながらデザインすることです。

 

仕上がった作品はクライアントに見せてチェックしてもらいます。修正指示を受けた場合はクライアントの指摘をもとにデザインを修正します。クライアントからの承認を得られたら、デザインを印刷会社に納品して完了です。

 

 

【活躍の場】フリーランスとして活躍するデザイナーも

グラフィックデザイナーの活躍の場はさまざまですが、会社員として働く場合は主に広告代理店、広告制作会社、メーカーの広告宣伝部で勤務することとなります。会社員として経験を積んだデザイナーはフリーランスとして独立する道もあります。

 

各ケースについてグラフィックデザイナーの活躍の場を詳しく見てみましょう。

 

広告代理店

広告代理店は新聞や雑誌などのメディアに広告枠を持ち、広告を出したいメーカーなどに枠を提供して手数料を得る会社です。かつては広告制作会社へ制作を依頼し、企画や制作指揮をとる業務が主でしたが、現在では制作部門を抱える広告代理店が増えています

 

広告制作会社

広告制作会社は広告代理店のグループ会社、デザイン事務所、制作プロダクションなどに細分化されます。広告代理店やメーカーから依頼を受けて広告の企画・制作を行います。デザインを手掛けるチャンスが多く、常にセンスや技術を磨くことができるため、やりがいを感じられることが多いでしょう。

 

企業の広告宣伝部

企業の広告宣伝部に所属するデザイナーは自社商品のパッケージやロゴデザインを考案します。商品のテーマやコンセプトを考えたり、広告制作会社に制作について指示したりすることが主な仕事です。企業の広告宣伝部はデザイン業界の中では最も安定した職場ですが、デザイナーがデザイン以外の業務も担当することがあります。

 

フリーランス

会社員時代の経験や人脈を生かしてフリーランスで活躍するグラフィックデザイナーもいます。

ただし、フリーランスの活動が軌道に乗るまでは大幅な収入減となるため、活動初期は制作活動よりも人脈づくりや営業活動に力を入れることが必要です。

 

 

【年収】所属する企業によって大きく異なる

DODAの「平均年収/生涯賃金データ2014」によると、「グラフィックデザイナー・イラストレーター」の平均年収は328万円ですが、会社員として働くグラフィックデザイナーの年収は所属企業の規模によって大きく異なります。

 

「賃金構造基本統計調査」ではデザイナーの月給とボーナスが公開されています。平成26年の調査結果をもとにするとデザイナーの年収は、従業員1000人以上の場合約500万円、従業員100~999人の場合約380万円、従業員10~99人の場合約400万円です。

 

計算式は以下の通りです。

「決まって支給する現金給与額」×12+「年間賞与その他特別給与額」=年収

 

・従業員1000人以上

349.1(千円)×12+800.7(千円)=4989.9(千円)

 

・従業員100~999人

286.3(千円)×12+346.2(千円)=3781.8(千円)

 

・従業員10~99人

297.8(千円)×12+443.6(千円)=4017.2(千円)

 

まとめ

今回はグラフィックデザイナーの仕事内容と年収についてご紹介しました。
グラフィックデザイナーの所属する会社の形態によって業務内容はやや異なり、年収もばらつきがあります。会社で経験を積んだデザイナーの中には、より良い働き方を求めてフリーランスに転身するデザイナーもいるため、多様なキャリアプランがある職種であると言えるでしょう。