いまでは幅広い年代の人がインターネットやソーシャルメディアを利用するようになり、インターネット上で企業と顧客が直接やり取りをする機会も増えてきました。そこで企業はWebサイトを使った新しい販売戦略に取り組む必要に迫られています。今回は初心者の方に押さえて欲しいWebマーケティング用語について説明します。

 

Webマーケティングとは

Webマーケティングとは
「Webマーケティング」
とは、WebサイトやWebツールを使って、商品やサービスを消費者へアピールするために行う活動やその戦略のことです。特にインターネットを使って商品やサービスを提供している場合、売り上げをアップさせるために欠かせません。

Webマーケティングを効果的に行うためには、Webマーケティングで使われる基本的な用語を正しく理解することが大切です。

 

主なWebマーケティング用語

主なWebマーケティング用語
Webマーケティングの世界では、さまざまな用語が飛び交います。Webマーケティング用語について何も知らないと、会話についていけない可能性もあります。以下で紹介する用語は押さえておきましょう。

CPA

「CPA」とは、「Cost Per Action」もしくは「Cost Per Acquisition」の略で、「顧客獲得単価」という意味です。CPAは「顧客を獲得のために行った施策にかかったコスト」÷「顧客の獲得数」で求められます。

顧客1人、つまり利益につながる結果を1つ獲得するまでにかかる費用のことを指し、Webに掲載した広告の費用対効果を調べるときによく使われます。

CPC

「CPC」とは、「Cost Per Click」の略で、「クリック単価」という意味です。Webサイトに掲載された広告が1回クリックされたときに、広告主が掲載主に支払う料金のことを言います。

CPCは「PPC(Pay Per Click)」とほぼ同じ意味で使われますが、PPC広告と言えば、クリックの回数によって課金される検索連動型広告を指すことが多いようです。

KPI

「KPI」とは、「Key Performance Indicator」の略で、「重要業績評価指標」という意味の用語です。定められた目標を達成するために取られている手段が、きちんと機能しているかどうかを評価するための指標のことを言います。

例えば、運営しているECサイトの年間売り上げアップを目標としているのであれば、月間の「UU(Unique User、Webサイトの訪問者数)」や「PV(Page View、Webページの閲覧数)」などの数値がKPIに該当します。

KGI

「KGI」とは、「Key Goal Indicator」の略で、「重要目標達成指標」という意味です。KPIが目標達成までのプロセスを見ているのに対して、KGIは最終的な目標を達成できているのかを見ています。KGI達成のためにプロセスごとに設定される指標がKPIです。

例えば、先ほどKPIに挙げた例であれば、ECサイトの年間売り上げ目標がKGIに該当します。

SEO

「SEO」とは、「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジン最適化」という意味の用語です。検索エンジンで、調べたい言葉や用語などを入力して検索すると、検索ワードに関係のあるWebサイトが数多く表示されますが、その検索結果で自分のWebサイトが上位表示される施策を指します。

大半のユーザーは、検索結果の1ページ目に表示されたWebサイトしか閲覧しようとしない傾向があり、Webマーケティングを成功させる上で適切なSEO対策を実施することは重要です。

CV

「CV」とは、「Conversion」の略で、日本語にすると「変換」とか「転換」という意味です。CVはWebマーケティングの世界では、Webサイトの最終的な目標のことを指し、商品購入や会員登録、資料請求、イベントやセミナー参加がCVに該当します。

 

まとめ

Webマーケティングの世界には、多くの専門用語が出てきます。すべての用語を覚える必要はありませんが、Webマーケティング初心者の方は、まずは頻出する用語を覚え、社内会議やクライアントとの打ち合わせで話についていけるようにしましょう。


さらに学ぶためには?
デジハリ・オンラインスクールのオススメ講座