Photoshopで加工作業をしているときに、もっと効率よく作業がしたいと考えている方は多いと思います。作業を効率化したい方は、ぜひショートカットキーを使用しましょう。

ショートカットキーを使用すれば、今までマウスなどでクリックしていたコマンドをキーボードで一瞬で選択することが可能です。そこで、今回は日々の作業をより効率化するためのPhotoshopのショートカットキーをまとめてみました。

また本記事で紹介するショートカットキーはWindowsを基準としています。Macの方はCtrlキーをcommandキーに置き換えてお読みください。

 

ツール関連

「Shift」を押しながら下記のキーを押すと隠れているツールを選択することができます。

「V」:移動ツール

「M」:選択範囲ツール

「C」:切り取りツール

「I」:スポイトツール

「B」:ブラシツール(,か.でブラシの種類の変更可)

「E」:消しゴムツール

「G」:グラデーションツール([ か ]でグラデーションのタイプの変更可)

「P」:ペンツール

「Z」:ズームツール

 

テキスト関連

テキスト関連
「Home」:
行の先頭にカーソルを移動

「End」:行の末尾にカーソルを移動

「Ctrl」+「Shift」+「,」or「.」:文字サイズの変更

「Ctrl」+「Shift」+「K」:文字の大文字と小文字を切り替え

「Ctrl」+「Shift」+「L」or「R」or「C」:テキストの行そろえ (Lで左寄せ、Rで右寄せ、Cで中央寄せ)

「Ctrl」+「Shift」+「F」or「J」:テキストの行そろえ(Fで均等そろえ、Jで両端そろえ)

「Ctrl」+「Enter」:テキストを入力後、テキスト入力モードを終了

「Esc」:編集中のテキストを最初の状態にリセット

「Alt」+「↑」or「↓」:1行ずつ行間の調整を行う

「Alt」+「←」or「→」:文字間の調整(カーニング、トラッキング)を行う

※カーニングは部分的に、トラッキングは全体的に文字間を調節すること

「Ctrl」+「Shift」+「<」or「>」:フォントサイズを2ずつ調整する

 

レイヤー関連

「Ctrl」+「Shift」+「N」:新規レイヤーを作成

「Ctrl」+「J」:レイヤーを複製

「Ctrl」+「E」:下のレイヤーと統合

「/」:選択中のレイヤーをロック

「Ctrl」+「G」:選択したレイヤーをグループ化

「Ctrl」+「Shift」+「G」:グループ化を解除

「Ctrl」+「Alt」+「G」:クリッピングマスクを作成

「レイヤーの選択」+「0~9」:レイヤーの透明度を10%ずつ変更

「Alt」+「[」or「]」:上あるいは下のレイヤーにフォーカス(Altの変わりにCtrlを入れると「レイヤー移動」を行える)

 

画面操作

画面操作
「Ctrl」+「+」or「-」:
画面の拡大、または縮小

「Space」+「マウスドラッグ」:Spaceキーを押すとマウスのカーソルが手のひらマークになり、マウスドラックをすると縦横に移動

「Ctrl」+「Space」+「マウスドラッグ」:指定した範囲を拡大

「Ctrl」+「H」:境界線やガイドを隠す

「Ctrl」+「Shift」+「Alt」+「S」:画像をWeb用に保存

「Ctrl」+「Delete」:選択範囲を描画色で塗りつぶし

 

まとめ

いかがでしたか?ショートカットキーを覚えることは、Photoshopの作業効率を良くすることにつながります。

ショートカットキーを覚えるまで時間がかかるかもしれませんが、繰り返し使用することで、自然と体で覚えることができますよ。ぜひPhotoshopのショートカットキーを活用して、作業効率を上げましょう。


さらに学ぶためには?
デジハリ・オンラインスクールのオススメ講座