レタッチとは、撮影した写真のデータをパソコンで読み込んで、表現したいイメージに合わせて修正することです。Photoshopはプロの現場で使われている標準的な画像編集ソフトウェアです。多機能すぎて初心者には扱いが難しいソフトですが、レタッチからPhotoshopの機能を勉強していくのは、学習方法としてはとても有効です。

今回は、写真のレタッチである「フォトレタッチ」をPhotoshopで行う際に、初心者が勉強すべき機能などをまとめました。

 

初心者のレタッチに向いている写真とは

初心者がフォトレタッチを行う場合、向いている写真とそうでないものがあります。

基本的には「人物」「料理」「風景」などの写真が向いていますが、その中でも初心者が扱うには難しいものがあるので、簡単に説明します。

 

・人物写真

人物を遠くから写した写真は、風景写真のレタッチも同時に行うことになります。初心者のうちは勉強の目的をはっきりさせるために、人物写真のレタッチをするのか風景写真のレタッチをするのかをはっきり分けておくのが無難です。人物が大きく写ったものを扱うと勉強しやすいでしょう。

また、逆光のものは避けた方がいいでしょう。

 

・料理写真

全般的に初心者のフォトレタッチに向いています。できれば料理を単体で正面から撮影したものが勉強用として扱いやすいでしょう。

お皿などに照明が反射して一部が完全に白トビしている写真は、初心者にとって扱いづらいかもしれません。

 

・風景写真

いろいろなテクニックを学べる風景写真のレタッチですが、初心者は逆光の写真を避けた方がいいかもしれません。使うテクニックが多く、複合して使う必要もあるからです。

 

基本的なレタッチの機能

基本的なレタッチの機能
レタッチを行う際には、以下の機能を勉強して覚えておきましょう。いずれも基本となる機能です。

 

明るさ・コントラスト

画像の明るさやコントラストを簡単に調整する機能です。スライダーを動かすだけで明暗の調節ができ、コントラストをつけることができます。

 

レベル補正

「明るさ・コントラスト」よりも細かく色調を補正する機能です。RGBごとに補正をすることができます。

 

トーンカーブ

「明るさ・コントラスト」「レベル補正」よりもさらに自由に色調を補正する機能です。マスターすればかなり自由に画像を調整できます。上記2つが画像全体の補正なのに対し、トーンカーブでは一部分のみのハイライト調整などが可能です。

 

カラーバランス

写真全体の色合いを調節する機能です。スライダーを調整するだけで、写真をレトロ調に変えることも可能です。写真の明るい部分や暗い部分を指定して、どの部分の色合いを重点的に変えるかも調整できます。

 

スポット修復ブラシ

画像に映りこんだゴミなどを除去できる機能です。例えば人物の背景に虫が写りこんでいたり、料理のお皿にホコリが付いていたりした場合、それらを簡単に消すことができます。

初心者は写真のどこからレタッチすべきか?

初心者はどこからレタッチすべきか?
初心者が勉強としてレタッチを行う場合、とりかかりとして分かりやすい部分から手をつけて、機能を学習していくといいでしょう。ここでは「人物」「料理」「風景」の各写真について、どの部分をレタッチしていくのが勉強として効率がいいか簡単に述べていきます。

 

人物

顔に焦点が当たることが多いので、表情がよく分かるように明るさやコントラストを調整します。

髪が顔にかかっていたり服にゴミが付いていたりする場合は、スポット修復ブラシで除去すると分かりやすく効果が表れます。ほくろやシワにも応用が可能です。

 

料理

おいしそうに見えるように調整するため、食材が色鮮やかに見えるようにトーンカーブやカラーバランスで補正すると良いでしょう。

グラスや皿などに反射して余計なものが写りこんでいる場合は、スポット修復ブラシで対応しましょう。

 

背景

光と影、明と暗のバランスが大切です。空や水面を明るく際立たせるように画像の1部分のみの明るさを補正したり、あえて暗い部分を残したりすると良いでしょう。

空に邪魔な雲がある場合は、スポット修復ブラシで除去しても良いでしょう。

 

Photoshopをもっと使いこなしたい!

本記事で紹介したレタッチ機能だけでなく、もっとPhotoshopを使いこなしたいと思った方や、フリーランスとしてデジタルデザインで手に職をつけたい方には、デジハリ・オンラインスクールの「Illustrator/Photoshop講座」がおすすめです。

本講座では、Adobe社のIllustratorとPhotoshopの基礎から応用テクニックまで、デジタルデザインの一通りのスキルが習得できます。

そのため、Illustratorを使用したチラシ・ポスターなど印刷物のデザイン。Photoshopを使用した簡単なフォトレタッチやWebサイトのデザインまで、デジタルデザインの入門に最適なオンライン講座として、受講者の方に好評をいただいています。

 

Illustrator/Photoshop講座の詳細はこちら

http://online.dhw.co.jp/course/graphic/

 

まとめ

Photoshopを勉強する際、フォトレタッチを通して行うと効果的な勉強ができます。

本記事では初心者が勉強する際の動機の1つとしてフォトレタッチを紹介していますが、レタッチは本来奥が深い分野です。マスターしておくとさまざまな分野に応用が利くでしょう。