Twitter、Facebook、InstagramといったSNSでは、スマートフォンなどで撮影した動画が連日投稿されています。動画投稿サイトの人気もとどまるところを知らず、Webサイトやインターネット広告での動画の活用も増えきました。パソコンの処理性能やインターネットの通信速度の進化に伴い、よりユーザーに訴求できる方法として動画はなくてはならないものになっています。テレビやCM、映画やミュージックビデオなど特定の業界に限られていた映像制作の需要が年々拡大しているのは、こうした背景があります。

そこで今回は、映像制作会社で働きたい方向けの動画編集おすすめソフトや必要なスキルをご紹介します。

 

映像制作ってむずかしいの?

映像制作むずかしいか
ご存じのとおり、今はスマートフォンなどで利用できる無料動画ソフトがたくさんあります。操作方法はいずれもわかりやすく、ちょっとした操作で動画が編集できるのが特徴です。こうしたソフトを利用すれば、お金をかけずに誰でも簡単に動画編集を行うことができます。

ただし、初心者向けに作られたソフトは使用できる編集機能が限定されていることがほとんどです。趣味としてプライベートで楽しむ分にはそれなりに使えますが、プロとして仕事で使用するのには向きません。

将来、動画や映像制作のプロとして活躍することを目指すなら、自らで高度な設定が行えるだけのスキルや専門知識が必要になります。

 

動画編集におすすめソフトは?

プロが利用する動画や映像編集のおすすめソフトには、どんなものがあるでしょうか。

映像編集に関するおすすめソフトはいろいろありますが、代表的なのはAdobe社のAfter EffectsやPremiere Pro、グラスバレー社のEDIUSなどです。どれも優秀な映像編集ソフトですが、Adobe社の他の製品とスムーズに連動できるAfter EffectsやPremiere Pro が動画編集にはおすすめです。

 

Adobe After Effects

After Effectsは、映像制作に使用する素材を上下に重ねることができるソフトです。

映像に特殊加工を付加できるだけでなく、まっさらな状態から映像を制作、編集することもできます。2D・3Dでのアニメーションが得意なため、短めで複雑な映像の編集をするソフトならAfter Effectsをおすすめします。

 

Adobe Premiere Pro

Premiere Proは「クリップ」と呼ばれる、映像を編集するのに利用される素材を時間軸でつなげることができるソフトです。カットにテロップを挿入でき、DVDやDVテープなどに出力するためのオーサリング機能が充実しているのも特徴の1つで、長めで単調な映像の編集をするならPremiere Proをおすすめします。

このソフトは映画やドラマ、CMなどの映像制作に多く使われており、映画「シン・ゴジラ」(総監督・脚本:庵野秀明、受賞歴:第40回日本アカデミー賞など)の制作にもPremiere Proが使用されたことで話題になりました。

 

働くのに必要な動画編集のスキルは?

動画編集のスキル
プロとして働くための動画編集にあたって最低限必要となるスキルは、前述のおすすめ映像編集ソフトの使い方です。すべての映像編集ソフトをマスターする必要はありませんが、最低でもどれか1つは習得することを目指しましょう。その上で、記録メディアや保存形式、再生方法などの映像の知識や構図やライティング、カメラの仕組みといった撮影の基礎知識も必要になります。

独学で動画編集のスキルすべてを習得しようとするとむずかしいですが、今は専門のスクールやオンライン講座など、映像の制作や動画編集を効率良く学ぶためのスキルを獲得する方法も用意されています。プロが講師として教えてくれる講座もあり、現場で実際に使われているノウハウやテクニック、映像制作フローなどが学べるのが魅力です。

「自身でも映画やドラマのような映像を制作してみたい」、「将来は映像制作会社で働きたい!」でも、どうやって勉強したらいいのかわからない、お得に勉強する方法はないのか?と悩まれている方は、デジハリ・オンラインスクールのAfter Effects・Premiere講座を、ぜひお試しください。自宅で受講ができるオンライン講座なので、忙しい方でも時間を有効に使って映像制作が学べます。

After Effects・Premiere講座の詳細はこちら

http://online.dhw.co.jp/course/movie/

 

まとめ

今回は、映像制作会社で働きたい方向けの動画編集おすすめソフトや必要なスキルをご紹介しました。動画や映像の制作、編集の仕事には多くの専門知識やスキルを必要とします。しかし、これからも多くの需要が見込める職種のため、身につけることができれば長く活躍できるはずです。「専門的な職業だから」とこれまで躊躇していた方も、人材不足の今だからこそ動画や映像制作を学び、憧れの仕事に就くチャンスを手に入れましょう。