「Webデザイナーになりたい!」と思ったら、何からはじめるべきでしょうか?もちろん、Webデザイナーになるための勉強は欠かせませんが、その前にまずは仕事道具を揃えましょう。
Webデザイナーとして働くなら、業務に使用するパソコンは十分に吟味することが重要です。なぜなら、Webデザイナーの場合、選んだパソコンのスペックがそのまま仕事の幅につながるからです。ここでは、効率よく作業をこなすための、Webデザイン用パソコンの選び方をご紹介します。

WindowsとMacはどちらを選ぶ?

02
少し前までは、Webデザイナー用のパソコンはMacがおすすめ、といわれていました。これは、印刷業界で使用するPCの主流がMacだったという流れを受け継いでいるようです。
WindowsとMacの間でデータをやりとりすると、文字化けしたりデータがうまく開けなかったりといったトラブルが発生することがあります。そのため、互換性も考慮し、デザイン関連の仕事をするならMacを選ぶことが主流となっていました。

しかし最近では、相互のデータのやりとりにも不具合が生じることが少なくなっており、デザイン=Macという常識も少しずつ変わりつつあるようです。普段Windowsを利用している方であれば、Webデザインの仕事をするからといって、あえてMacのPCを用意する必要はありません。両者では操作性が大きく異なり、始めは使い方に困惑する可能性も高いため、自分の使いやすいOSを選ぶと良いでしょう。

また個人で起業しWebデザイン事務所を構える場合には、Windowsを持っていたほうが会計など事務処理を行うには便利です。

デザイナー PCに必要なスペック

03
Webデザイン用パソコンのスペックは、 CPUスペックとメモリスペックの2種類から検討しましょう。

まずCPUスペックは、「CORE i5」以上は必須です。
Webデザインを作成するためにPCで行う作業は、ただ文書を作成するような作業と比較すれば、格段に大きな負担のかかる作業です。
そのため、CPUスペックの低いパソコンだと、思うように作業がはかどらず、デザインの仕上がりにも影響する可能性があります。

メモリスペックについては、最低でも8GBが搭載されているパソコンを選びましょう。メモリスペックがあまりに低いと、初めは難なく動作していたパソコンでも早いうちに動作スピードが落ちてしまい、作業効率に影響を及ぼします。

デスクトップ?ノートパソコン?

デスクトップパソコンとノートパソコン、どちらにするか悩むところですが、これは自分のワークスタイルによって選びましょう。例えば、自宅で作業することが多い場合は性能の良いデスクトップパソコンがおすすめですが、外出先での打ち合わせが多い場合には軽量のノートパソコンが便利です。
なお、ノートパソコンを選ぶ場合は、モニターを別途購入してデスクトップパソコンのように使用すると作業しやすいでしょう。

モニターの解像度

Webデザインに使う場合、モニター解像度は、幅1,680以上のパソコンがおすすめです。基本的には解像度が高い方が作業しやすいため、予算や作業スペースがあればそれ以上のパソコンを選ぶことをおすすめします。モニター解像度の下限として、1,680という数字を覚えておきましょう。

Webデザインでは複数のソフトを起動して横に並べ、並行して作業することがよくあります。モニター解像度の低いパソコンを選んでしまうと、いくつもソフトを開いたときに重なりが多くなり、いちいち閉じたり開いたりする手間がかかって作業効率が落ちてしまうのです。

まとめ

Webデザイン用に新しくパソコンを買う場合は、作業のしやすさ、仕事の効率を考え、スペックやモニター解像度などに配慮して使うパソコンを決定しましょう。初めてWebデザイン用のパソコンを購入する場合は、妥協しすぎず、かといって高額すぎないものから使い始めてはいかがでしょうか。

「パソコンの準備が整ったけどWebデザイナーになるために何をすればいいの?」
そんな方におすすめなのが、デジハリオンラインスクールのWebデザイナー講座です。

未経験の方でも、パソコンさえあればWebデザイナーのスキルを身につけることができます!仕事、子育て、学校で忙しい!と忙しいサラリーマンや主婦の方、学生の方でも受講可能です。

なお、卒業後80%もの方がWebデザイナー、Web業界などでご活躍されています。
さらにお得なキャンペーンも開催中!

Webデザイナー講座の詳細はコチラ
http://online.dhw.co.jp/course/web_designer/


さらに学ぶためには?
デジハリ・オンラインスクールのオススメ講座

  • キャンペーンやってます
  • キャンペーン