CMプランナーは、CMの企画・制作をプランニングする広告制作現場の要ともいえる存在です。現在の広告業界では、「ブランディング」が重視されています。ブランディングとは、顧客の立場から情報発信することで共感や信頼を得て、商品やサービスのブランド力を高めるという手法です。ブランディングにあたってはまず、ターゲット選定とコンセプト立案を正しく行うことが何よりも重要ですが、CM制作においてこの重要な仕事を担当しているがCMプランナーです。

 

CMプランナーの仕事内容

コピーライターの仕事内容
CMプランナーの仕事は、スポンサーからCM制作の依頼を受注することでスタートします。商品やサービスの訴求ポイント、予算、出演者などについて、スポンサーの要望に従いCMのコンセプトをまとめ、プレゼンテーションを行うためにコンテなどを書くこともCMプランナーの重要な仕事です。

晴れて企画が通れば、CMの制作に入ることになります。アートディレクター、コピーライター、カメラマンなどのスタッフ、出演者を決めたり、ロケ地の下見を行ったりすることもCMプランナーの任務です。制作が始まれば演出を主導するのはクリエイティブディレクターであり、制作全体の責任はプロデューサーの手に渡るので、前段階の準備全般および調整がCMプランナーの仕事といえるでしょう。ただし、CMプランナーも必ず撮影には立ち会いますし、CMの完成を見届けるまでが仕事です。

 

CMプランナー になるには

CMプランナーになるには、広告代理店や広告制作プロダクションに就職するというのが一般的なルートでしょう。もっとも「CMプランナー募集」というような求人はめったにないため、広告代理店や広告制作プロダクションに就職できたからといって希望が叶うとは限りません。

四年制大学卒業を必須条件としている広告代理店、広告制作会社は少なくありませんが、学歴不問という場合もあります。マスコミ関連の学部や専門学校で学んだことが有利になるとも限らず、理系出身、帰国子女など一風変わったキャリアが偏重されるケースもあるようです。

 

CMプランナーの年収

CMプランナーの年収
さて、気になるCMプランナーの年収はどうなっているのでしょうか。大手広告代理店ともなれば正社員の平均年収が1,000万円以上ということもありますが、広告業界全体の平均年収は500万~600万円程度の間を推移しています。小さな広告制作プロダクションともなると、多忙にもかかわらず年収はさらに低いということもあるようです。

CMプランナーとして高収入を得たいならば、やはり大手広告代理店に就職するのが一番です。新卒採用では極めて狭き門になっているので、広告制作プロダクションで実績を積み、転職を試みるというのも1つの方法といえるでしょう。

 

まとめ

広告制作の現場になくてはならないCMプランナーは、広告業界の花形です。アイデア豊富で、常に「面白いこと」「新しいこと」を求めて、フットワーク軽く行動できる人に向いている職業といえるでしょう。スポンサーのダメ出しにも負けず、何度でもコンテを修正する粘り強さがあれば、まさに鬼に金棒なのではないでしょうか。

近年では、テレビ、新聞、雑誌などのマスメディアだけではなく、インターネット上の広告をどうプランニングしていくかどうかも重要課題となっています。動画広告など、ITやWebに詳しいCMプランナーならば、今後さらにニーズが高まることは間違いありません。どのようなメディアが主流になろうとも、広告そのものをブランディングできるCMプランナーならば、将来的にも活躍できるでしょう。


さらに学ぶためには?
デジハリ・オンラインスクールのオススメ講座