アパレル業界やインテリア業界を目指している人なら、一度は「テキスタイルデザイナー」という言葉を耳にしたことがあると思います。テキスタイルとは布地や織物の意味で、アパレル製品やインテリア用品などの生地をデザインする職業がテキスタイルデザイナーです。

アパレル業界やインテリア業界のデザイナーというと、まずファッションデザイナーやインテリアデザイナーが思い浮かびますが、アパレル製品やインテリア用品の素材作りにも、高度で専門的な知識と経験が求められます。今回は素材作りを担うテキスタイルデザイナーの仕事内容と年収について見ていきます。

 

テキスタイルデザイナーの仕事内容と年収

テキスタイルデザイナーの仕事内容と年収
テキスタイルデザイナーの主な仕事内容は、アイテムの素材を選び、生地の色や図柄をデザインすることです。

ファッションデザイナーやインテリアデザイナー、メーカーの担当者と打ち合わせを行い、アイテムの用途やデザイン、機能性を考えながら、素材となる糸を選び、生地の染め方や糸の織り方、加工方法を決めます。その後、製造工場や職人に見本制作を依頼して、見本の修正を重ねながら生地を完成させます。

企業によっては、生地のデザインだけでなく、新しい繊維や糸などの素材開発に関わったり、製品の仕上がりをチェックしたりするなど、素材開発から生地制作までさまざまな工程に携わることもあります。

テキスタイルデザイナーの年収は、年齢や所属する企業の規模などによって差がありますが、多くの場合、約300万円~500万円の幅に収まっています。

全体の平均年収は450万円前後ですが、テキスタイルデザイナーは高度な専門知識や経験が求められる職業であるため、全体的に年齢層が高く、年長者ほど勤続年数も長くなり、収入も多くなる傾向にあります。

 

テキスタイルデザイナーになるには

テキスタイルデザイナーになるには
テキスタイルデザイナーになるためには、まず、デザインや色彩、工芸、染色などの基礎を学んでおきましょう。「衣料管理士(テキスタイルアドバイザー)」や「色彩検定」などの資格取得を目指して勉強することもおすすめです。

また、IllustratorやPhotoshopなどのグラフィックソフトを使えることが求人の応募要件とする企業もあるため、テキスタイルデザイナーを目指す方はソフトの利用方法を学んでおくと良いでしょう。

テキスタイルデザイナーが扱うアイテムは、布地や織物が使われているあらゆる製品に及ぶため、テキスタイルデザイナーの活躍の場も、アパレルメーカーやインテリアメーカー、繊維・素材メーカー、生地問屋など多岐にわたります。

駆け出しのテキスタイルデザイナーは、このようなメーカーや生地問屋などに就職して、さまざまな素材や加工技術についての専門的な知識を高め、経験を積んでいきます。

メーカーでは生地のデザインや素材開発、生地問屋では素材や生地に関する知識と経験を得られます。将来的に自分がどんなアイテムの素材作りをしたいか、どんなデザインを手掛けたいかをイメージして就職先を選ぶことが重要です。

 

まとめ

デザイナーと聞くと華やかなイメージを持つ方も少なくありませんが、テキスタイルデザイナーの仕事は基本的に地味な作業です。しかし、自分がデザインを手掛けたアイテムが世の中に出たときには、この上ないやりがいを感じることでしょう。

特に、テキスタイルデザイナーが扱うアイテムは、洋服などのアパレル製品、バッグやネクタイなどの雑貨、カーテンやカーペットなどのインテリア用品にとどまりません。乗り物の内装など、布地や織物が使われている製品にはテキスタイルデザイナーが関わっています。自分のデザインした生地が多くの人に利用され、喜んでもらうことが何よりのモチベーションアップになります。


さらに学ぶためには?
デジハリ・オンラインスクールのオススメ講座

  • 今割キャンペーン
  • キャンペーン
    好評の20%OFF、ラストチャンス。 各講座定員10名。
    締切:2月20日(月)まで