Web関連の仕事にはさまざまな職種があります。Webデザイナーやプログラマーは知っている方も多いと思いますが、「UIデザイナー」「UXデザイナー」という職種はご存じでしょうか。

UIデザイナーもUXデザイナーも、より良いWebコンテンツやアプリケーションを制作するために欠かせない人材です。今回はUI/UXデザイナーの仕事内容と年収について取り上げます。

 

UIデザイナーとは

UIデザイナーとは
UIとは、「User Interface(ユーザーインターフェース)」の略称です。ユーザーとコンピューターとの接点を指し、具体的には、Webサイトに設置されているボタンやスマートフォンのアプリを起動するためのアイコンなどがUIに該当します。

そして、ユーザーが快適にコンピューターを使えるように、UIをデザインする役目を担う人材がUIデザイナーです。

 

UIデザイナーの仕事内容

UIデザイナーの主な仕事は、ユーザーにとって分かりやすく、操作しやすいUIを考えることです。ユーザーがどのような表示だったら操作が分かりやすいか、商品の購入や会員の登録などの目的を果たすためにどのようにコンテンツを配置するか、といったことを考えてUIのアイデアを出します。

 

UIデザイナーに必要とされるスキル

提案したアイデアを実際に形にする作業も発生するため、IllustratorやPhotoshopといったグラフィックツールを使えると良いでしょう。また、実際にWebサイトのプロトタイプ作成やコーディング作業を行う場合もあるため、HTMLやCSSなど、Webサイトを作成するために必要な知識も身に付けておきましょう。

上記の他にも、UIだけでなくUXも考慮したデザインができること、動的コンテンツの制作に関する知識があることも、UIデザイナーとしての強みになります。

 

UXデザイナーとは

UXデザイナーとは
「UX」とは、「User Experience(ユーザーエクスペリエンス)」の略称です。ユーザーがWebコンテンツやサービスを利用したときに得られる経験や体験、満足感を指します。

UXデザイナーとは、ユーザーが楽しい経験や体験、満足感を得られるようにコンテンツをデザインする職業です。

 

UXデザイナーの仕事内容

Web業界のUXデザイナーの仕事は、ユーザーの行動分析やユーザビリティテストなどです。ユーザーがWebサイト上でどのような動きをしているのか、実際にユーザー視点で設計されたUIを使ってみて問題がないかなどを確認します。

また、調査結果をもとに企画の提案をしたり、サイトデザインのもととなるワイヤーフレームやプロトタイプを作成したりすることも、UXデザイナーの仕事です。

 

UXデザイナーに必要とされるスキル

UXデザイナーは、ユーザーの行動や心理を把握し、クライアントの要望や課題を適切にくみ取ることが必要です。そのため、UXデザイナーにはWebに関する技術的な知識はもちろん、心理学やコミュニケーションスキルといったWebとは直接関係がないように思える知識も求められます。

 

UIデザイナーとUXデザイナーの年収

UIデザイナーとUXデザイナーの年収は、どちらも平均して約300万円~500万円のようです。ただし、新人とベテランのデザイナーでは年収が異なります。また、所属する会社によっても差が出てくるでしょう。

海外には年収数千万円のUIデザイナー・UXデザイナーも存在し、努力次第でかなりの高額年収を目指せるチャンスもあります。

 

まとめ

UIデザイナーとUXデザイナーは別の職種ですが、UXを高めるためには優れたUIが欠かせません。反対に優れたUIを設計するためには、UXの観点からコンテンツをとらえなくてはなりません。

このようにUIとUXは切っても切れない関係にあります。UIデザイナーとUXデザイナー、どちらを目指すにしても、UIとUXの両方についてよく把握しておくことが必要です。


さらに学ぶためには?
デジハリ・オンラインスクールのオススメ講座

  • 今割キャンペーン
  • キャンペーン
    好評の20%OFF、ラストチャンス。 各講座定員10名。
    締切:2月20日(月)まで