「Webデザイナー」と聞くと、見映えの良い、美しいWebサイトを作ることだけが仕事と思っていませんか。Webデザイナーに求められている仕事は、訪問するユーザーにとって見やすく使いやすい、機能的なWebサイトを作ることです。そのため、Webデザイナーに求められるスキルや知識も非常に複雑・高度になってきています。

ここでは、Webデザイナーの仕事内容や年収、Webデザイナーになるための方法について考えてみます。

 

Webデザイナーの仕事内容

Webサイト制作はチーム作業です。Webデザイナーはチームのメンバーとしてデザインを担当します。

Webサイト制作では、制作チームをまとめるWebディレクターが、クライアントの要望をヒアリングし、Webサイトの方向性が決定したら、Webデザイナーにデザイン制作を指示します。

Webデザイナーは、全体的なページレイアウトやカラーイメージといったWebサイトのコンセプトに関わる部分から、ボタンやバナーなどの細部に至るまで、Webサイトのデザインを考え、クライアントに提案します。

多くの場合、Webデザイナーの仕事はデザインだけにとどまりません。Illustratorなどのアプリケーションで作成したデザイン案を実際のページに落とし込むために、HTMLやCSSを自らコーディングしたり、画像や動画を作成したり、時にはJavaScriptを使って簡単なプログラムを書いたりすることもあります。

コーダーやWebプログラマーと分業している会社もありますが、Webデザイナーが実際にデザイン以外の作業をこなすこともあるようです。

 

Webデザイナーになるには

Webデザイナーになるには、HTMLやCSSなどWeb関連の知識はもちろん、デザインの基礎も学んでおきましょう。PhotoshopやIllustratorといったグラフィックソフトを使う作業も多いため、これらを使いこなすスキルも身に付けておきたいところです。

Webデザイナーとして働く方の多くは、Webサイトの制作会社やWebサービスを運営している企業に入社し、Webサイト制作のスキルや実務経験を積んでいきます。

Web制作会社は、さまざまな企業サイトやキャンペーンのWebサイトを一から作り上げる機会に多く立ち会うことが多く、Webサイト制作に必要なさまざまなスキルや知識を身に付けることができます。

一方、Webサービスを運営している企業では他の制作メンバーとの役割分担がはっきりしていることが多く、Webデザイナーはデザイン制作に専念できる会社が多いようです。

制作会社や企業によって仕事内容や求められる役割が異なるため、就職の際には、自分が将来なりたいWebデザイナー像をイメージした上で企業研究をすることが大切です。

 

Webデザイナーの年収

Webデザイナーは20代後半から30代前半までの若い年齢層の人が多く、平均年収は300万円から400万円程度です。また、着実に実績を積み、Webデザイナーから上位職の「Webディレクター」「Webプロデューサー」へステップアップできれば高い収入を見込むことができます。

なお、WebディレクターはWebサイト制作のプロジェクトメンバーに制作指示を出すポジション、Webプロデューサーはプロジェクトを統括するポジションです。

 

まとめ

WebデザイナーはWeb関係の仕事をしたいと希望している人に人気の花形職種です。しかし、インターネット技術はますます高度になり、それを扱う人の知識も高いものが求められるようになっています。WebデザインやHTMLやCSSのスキルはもちろんのこと、JavaScriptやPHPなどのプログラミングスキルを持っているデザイナーも少なくありません。

したがって、Webデザイナーとして働く場合は、自分が将来どのようなWebデザイナーに成長したいのか、そのためにどんなスキルや知識が必要なのかを考えながら、常にデザインのトレンドや技術をキャッチアップし続けることが求められます。


さらに学ぶためには?
デジハリ・オンラインスクールのオススメ講座

  • 今割キャンペーン
  • キャンペーン
    好評の20%OFF、ラストチャンス。 各講座定員10名。
    締切:2月20日(月)まで