今注目のWeb制作業界で、花形の職種といえば「Webプロデューサー」でしょう。制作プロジェクトの総責任者で、チームを統括するWebプロデューサーは、Web業界を目指す方であれば1度はあこがれるポジションですよね。

では実際に、Webプロデューサーはどのような仕事をしているのか、Webプロデューサーの仕事内容と年収についてまとめました。

 

Webプロデューサーの仕事内容と、求められる資質

Webプロデューサーの仕事内容
Webプロデューサーという職種に就くためには、特別な資格は必要ありませんが誰でも簡単になれる、というものでもありません。

Web制作チームには、Webディレクターという担当者がいます。制作作業全体の指揮はこのWebディレクターが行っており、Webディレクターは制作現場寄りの立場です。一方、Webプロデューサーは顧客との交渉や予算の確保など、プロジェクト全体の管理を行う外部寄りの立場といえるでしょう。

Webプロデューサーは制作現場寄りではありませんが、顧客と話をする以上、Web制作に関する浅く広い知識を持っていなくてはなりません。そのため、Webプロデューサーになるためには下積みとして、WebデザイナーやWebディレクターの経験が必要とされています。また、Webプロデューサーがプロジェクトをスムーズに進めるために、求められる資質は以下のとおりです。

企画力・コミュニケーション能力

Webプロデューサーは顧客に対して「魅力的な提案ができるか」「顧客の要望を正しくヒアリングできるか」などの企画力やコミュニケーション能力が必要になります。提案のための資料の準備や、顧客の情報を収集する作業もWebプロデューサーの仕事です。

リーダーシップ能力

制作チーム全体をまとめ、同じ目標に向かって突き進んでいくためにも、Webプロデューサーはリーダーシップを発揮しなければなりません。また、チームの全員から信頼され円滑な人間関係を築き、仕事につなげていくことも大切です。

管理能力

Webプロデューサーには、お金や人材の管理能力も必要です。

プロジェクト全体の予算管理、各スタッフの適切な配置や作業進行の確認・管理などもプロデューサーの業務内容になります。Webプロデューサーは「プロジェクト全体を統括する仕事」と簡単にあらわすことはできますが、プロジェクト全体を統括するためには、多くのことをフォローする能力も必要です。例えば、トラブルが起きないように事前対策を取る、クライアントや現場スタッフ、Webディレクターとの関係を良好に保つ、などでしょう。Webプロデューサーは、プロジェクトがすべて完了するまで、常に全体を気に掛けて行動しています。

 

Webプロデューサーの年収

Webプロデューサーの年収
Webプロデューサーは責任が重い分、Web制作の職種の中では年収も高い方です。平均的には400万~500万円といわれており、経験を積んだプロデューサーであれば1,000万円以上を稼ぐことも夢ではありません。プロジェクトを成功させるたびに自分自身の実績になり、その積み重ねで年収を上げていけるのもWebプロデューサーの特長です。Webプロデューサーの仕事は責任重大ですが、プロジェクトの成功がそのままキャリアアップになるため、自分の頑張り次第では収入アップもしやすいでしょう。

 

まとめ

Webプロデューサーになるには、まずWeb制作の基本的なスキルを身につけ、実務を多くこなしていくことが大切です。プロジェクトの現場を多く目にすることで、プロデューサーになるための経験や知識を積みましょう。そして、実際の制作作業と合わせてコミュニケーション能力や予算管理などの経営感覚も習得し、根気よく続けていればWebプロデューサーへの道も開けてくるはずです。


さらに学ぶためには?
デジハリ・オンラインスクールのオススメ講座