特集記事

現役Webプログラマが語る HTML5のすごく大きな変化

Webやプログラミングといったデジタルクリエイティブ分野は年々進化しています。
特に近年では従来のWebデザインだけではなく、Web技術を利用した各種アプリ分野、その中でHTML5、CSS3、JavaScript、PHPといった技術に注目が集まっています。
そこで、今回 「PHP講座」講師、「アプリクリエイター専攻講座」講師、現役のアプリ開発者である山崎大助氏に最新の「Web・プログラミング事情」を伺いました。

HTML5ができることで可能性が大きく広がる

山崎先生は現在第一線で開発のお仕事をされているわけですが、最近の案件動向で特徴的と感じることはありますか?

イメージ画像

最近はアプリ系の開発案件がすごく多いですね。
特にHTLM5やCSS3を活用したWebアプリのようなものがすごく多いです。
この流れの理由としてはHTML5の存在が大きいと思います。
HTML5と幾つかの技術を組み合わせことで可能性がすごく広がるのです。
スマートフォン向けのゲームをつくることもできるし、社内向けの業務管理アプリもつくれる。以前だったら開発にすごくコストが掛かったり、労力が掛かる物を手軽に作れてしまうのです。

例えば、「PhoneGap」というサービスを使用すると、HTML5やCSS、JavaScriptで作成したアプリをiPhoneやAndroid用に変換することができます。
なので技術さえきちんと身につけておけば、アイディアがあれば大ヒットアプリをつくることができるのです。

HTML5の普及によってWebデザイナーの職域も大きく変わり始めていますよね。

HTML5は「サイト構築」と「アプリ開発」という二つの要素を持っています。
個人的には「サイト構築」はその1/3しかないと考えています。
つまり、「HTML5ができます」ということではアプリ開発的な側面も当然できないといけない、という状態になっているのです。
これからのWebデザイナーはコーディングやデザインができる、だけでは難しい時代になるのではないかと思いますね。
また、逆にプログラマもある程度Webデザインのことを理解していることが求められるようになると思います。
かつてはまったく別の領域だった二つの職種が、いまは重なる部分がすごく多くなってきています。

プログラムを勉強するなら「PHP」から。

HTML5を生かすには他にどのようなスキルが必要となるのでしょうか?

HTML5はJavaScriptと大きく関連しています。
HTML5の良さを生かそうとすると必ずJavaScriptを理解する必要が出てくるでしょうね。
あとはやはりPHPですね。
何か大きなデータを持ったサービスを構築しようとすると、HTML5+JavaScriptだけで難しいことが多くなります。
個人情報を登録したり、データベースを活用したサービスの時にはPHPを使用することでできることの幅がすごく広がりますよ。
表面的な目に見える部分は「HTML5」、大きなデータを持つ場合は「PHP」という風に区分してあげるとわかりやすいかもしれないですね。

WebデザイナーからするとPHPはとっつきにくいという印象もあるかと思います。

イメージ画像

PHPは決して難しくないです。範囲が広いので、習得に期間はかかるかもしれないですが、JavaScriptよりもずっとシンプルと覚えやすいと思いますよ。
プログラムをはじめるならPHPから学習すべきです。
PHPを習得することでプログラムに対する免疫もつくので、他の言語も習得しやすくなります。
また、PHPは様々なWebサービスの土台となれる言語なので、これを習得することで、HTML5やJavaScript、CSS3を組上げることで様々なことが実現できるようになります。

これもPHPの大きな魅力です。
また、PHPを習得するとCMSを構築することができるようになります。
するとWeb制作のおいても、
「サイトのこの部分だけ更新がしたい」
というクライアントの依頼にも簡易なCMSを組むことで対応できるようになります。
そういうことを知っているのと知らないのとでは獲得する仕事も大きく変わってきます。
現在は公開されているAPIがたくさんあるのでパラメーターさえ渡すことができれば様々なデータを拾ってくることができます。
この仕組みを理解し、PHPを組むことができればFaceBookアプリも、mixiアプリも、twitterアプリにも対応することができます。
そしてPHPの良い点はJava やPerlと違って簡単にプロトタイプがつくれることです。
とてもアイディアを形にしやすいのです。

大きな流れに乗り遅れないでほしい

今後の展望をお聞かせください。

HTML5は2014年にW3Cから正式勧告がなされる予定です。
ただ、現状でもHTML5を利用したアプリはたくさんありますし、スマートフォンのブラウザは完全にHTML5に対応している状態です。
HTML5を中心とした変化を、まだ先のことだからと考えているようでは駄目だと思います。
せっかく以前よりも手軽にアプリやWebサービスをつくることができる時代になっているで、ぜひこの楽しい流れに乗り遅れないで欲しいですね。
特に現在Webのお仕事をされている方は、必須で学習をされた方がいいと思いますね。

  • 簡単!あなたにピッタリ講座診断
  • 講座一覧


はじめの一歩を踏み出そう!

  • 資料請求
  • 無料体験イベント
  • 講座のお申し込みについて

os@dhw.co.jp

ページの先頭へ