特集記事

教務スタッフが語る最後まで受講が続く理由

「オンライン受講って入学したら教材が届くだけで、あとは何のサポートもないのでは・・・」
デジハリ・オンラインスクールへ入学を検討されている方の中には、そんな不安を覚える方も少なくないと思います。
でも、ご安心ください。デジハリ・オンラインスクールでは入学後もしっかりと受講を進めて頂ける様、みなさまをサポートする専任の教務スタッフがおります。
とはいえ教務スタッフの仕事はなかなか外からはみえづらいのも事実です。
そこで、実際にサポートを担当している教務スタッフの丹羽育代と牧野菜穂子に教務スタッフの仕事内容や、授業運営にかける想いを語ってもらいました。

顔が見えないからこそコミュニケーションを大切に 母体が「学校」だからできる安心のオンライン授業 快適に受講頂ける環境をつくっていきたい

顔が見えないからこそコミュニケーションを大切に

イメージ画像

教務スタッフがどのような仕事をしているか話して頂けますか?

入学申込をされた方の事務手続きから、実際に受講開始されるまでの連絡、そして受講中のサポートまでを担当しています。

ご入学後のみなさんの対応は、基本的にすべて私たちが行っております。
具体的には、受講方法の案内、頂いた質問への対応、学習環境の整備などですね。そして特に時間をかけているのが、みなさんの学習進捗の確認です。うまく学習が進んでいない方にはこちらから連絡をして、問題を一緒に解決したりもしています。

オンライン学習はいつでも受けることができることが良い点ですが、「いつでも受けられるから・・・」という意識がマイナスに働いて、受講を先延ばしにしてしまうことがあります。そういったことが起こらないように、毎週学習の進捗をメールでご連絡しています。
ちょっとしたご連絡で受講がスムーズに進むことがあるので、しっかりと受講生の方とコミュニケーションを取るように心がけていますね。

オンラインスクールのコミュニケーションはメール中心です。その中でみなさんに気持ちよく学習を進めていただけるよう、メールの書き方、言葉の選び方には気をつかっています。

また、受講生の方と実際にお会いする機会はないので、メールのやり取りやライブ授業でのチャットを拝見して、その受講生の方がどんなお人柄なのかを把握するようにしています。

授業に関する質問への回答や課題の添削は講師にお願いしていますが、その際も、なるべく受講生のお人柄にマッチした講師にお願いするようにしています。そういったことを心がけているので、受講が進んで講師と受講生の方が仲良くなるととてもうれしいですね(笑)

そういったコミュニケーションを積み重ねることによって、途中でドロップアウトをする方が大きく減少します。なので、教務としては受講生のみなさんとしっかりコミュニケーションを取ることを一番大切にしています。
「きちんと最後まで続くかな・・・」と不安をお持ちの方にもご安心いただけると思います。

母体が「学校」だからできる安心のオンライン授業

イメージ画像

受講生の方と直接コミュニケーションを取る以外にも、教務の仕事には「カリキュラム開発」があります。
動画授業の内容を決め、講師と一緒に授業の撮影をすることも教務の大切な仕事です。

実は授業の内容は授業運営の中で行うアンケートや動画の視聴進捗から受講生の学習状況を把握し、こまめに修正しています。
また新しい講座を開発する時も、普段の授業運営で受講生のみなさまから寄せられた意見をしっかり取り入れます。
デジハリ・オンラインスクールの授業には受講生のみなさまのご意見が詰まっているのです。「受講生のみなさまと一緒につくっている」と言っても過言ではありません。

デジハリ・オンラインスクールを運営しているデジタルハリウッドは、大学や通学制のスクールも運営しています。教務のスタッフはそういった「リアルの学校運営」も経験しているので「授業は学生と一緒に作るもの」という意識がすごく強いですよね。

また「カリキュラム開発」で心がけていることは「飽きない動画授業をつくる」ということです。
何気なく見ている動画授業にも、撮影や編集のコツがあって、皆さんが退屈しないように作っています。

快適に受講頂ける環境をつくっていきたい

イメージ画像

教務の仕事をしていて「うれしい」と感じるのはどんな時でしょうか?

「ありがとうございます!」「無事仕事が開始できました!」
と言ったメッセージを頂くと本当にうれしいですね。

私は交流会で実際にお会いできるとうれしいですね。
デジハリ・オンラインスクールは年齢層がすごく幅広くて、いろいろな方が受講されているのですが、そんな幅広い年齢層の方が交流会で仲良くされているのを見ると「良かったなー」と思います。

今後、教務をもっとこうしていきたい、という部分はありますか?

今後はもっといろいろな場所で快適に学習して頂けるような環境と、授業内容を用意していきたいと思っています。
たとえば「通勤途中にスマートフォンで学習をする」というようなライフスタイルに沿った学習方法をご提案していきたいです。
学習方法の改訂は現在進行形で行っていますので、楽しみにしていてくださいね(笑)

「動画で学習をする」というのは今の時代にあった、とてもいい学習方法だと思っています。
通勤途中や、自宅、会社などで学習をして頂けることで、仕事が忙しい方や事情があって外出できない方など、いろいろな制約がある方でも学習をしてもらえるようになると思います。
そういった方に「学習したい!」というご要望にお応えできるように、もっともっと授業も学習方法も良くしていきたいです。

  • 簡単!あなたにピッタリ講座診断
  • 講座一覧


はじめの一歩を踏み出そう!

  • 資料請求
  • 無料体験イベント
  • 講座のお申し込みについて

os@dhw.co.jp

ページの先頭へ