導入事例

株式会社ビームス 様

スキマ時間に
学べてすぐ実務に活かせる

株式会社ビームス 様

会社員業務に活用

Web運用の中でとても重要な要素でありながら、なかなか明確な正解を見出すことが難しいのが、Webに特化したキャッチや文章作成のノウハウ、「Web文章力」養成講座です。
日々の業務と平行してどのように身につけるべきか課題に感じている企業は少なくありません。日本を代表するファッションブランドである、株式会社ビームス様についても例外ではありませんでした。
そこでひとつの解決策として社内研修に導入頂いたのがデジハリ・オンラインスクールの「Web文章力」養成講座でした。 今回「Web文章力」養成講座をご受講頂いた株式会社ビームスの柴又さん、大関さんにお話を伺いました。

「Web文章力」養成講座を受講した理由

「Web文章力」養成講座を受講した理由

デジハリ:現在のお二人が担当されている業務内容をお話頂けないでしょうか?

柴又様:開発本部のWeb制作課という部署に所属して、主にはビームスのコーポレートサイトや特別なキャンペーンサイトなどの企画・運用を担当しています。

デジハリ:制作は自社で全ておこなっているのでしょうか?

大関様:いえ、私たちがおこなうのは企画と運用の部分になります。
日々の更新などは社内でおこないますが、大きな開発をおこなう場合は外部制作会社と連携をすることがほとんどです。

デジハリ:今回デジハリ・オンラインスクールの「Web文章力」養成講座をご受講頂いた理由をお聞かせください。

柴又様:Webサイトの運用を行う中で、ライティング部分に関して「このライティングがほんとうに正解なのかが見えない」ということを課題に感じていました。ビームスは出店している地域やブランドによって、店内インテリアや接客のトーンやマナーを変更しています。 私たちは同じことをWebサイトでも行いたいと考えていました。その際Webサイトのトーンやマナーにあったライティングする必要がでてきました。そういったライティングの書き分けを行うにあたり、自分たちの中だけで考えるのではなく、一度外部のライティングのプロへ意見を聞いてみたいと考え、受講させていただきました。

ライティングに対する疑問は
ほぼ解決されました

デジハリ:実際に授業を受講されてみての感想をお聞かせください。

柴又様:非常に具体的かつまとまった内容でとてもためになりました。私がライティングに感じていた「これでいいのか?」という疑問点は、講師の方の解説によってほぼ解決されたと思います。 特に参考になったのがトーン、マナーの部分ですね。 きちんと「顧客の目線」を確認してライティングを行うためにはどうすべきか、ということを理解することができました。

大関様:私はライティングという作業以外の部分を改めて考えることができたのが良かったです。そもそも「Web」という媒体、「メルマガ」という媒体にはそれぞれどのような特性があるのか、ということを考え直しその上でライティングをするという部分がおもしろかったですね。

デジハリ:具体的に内容の「ここ」が良かったという部分はありますか?

大関様:具体的に役立っているのは「5W2H」を意識してライティングを行うという部分ですね。 5つのWと2つのHというのは「Why(なぜ)」「When(いつ)」「Where(どこで)」「What(なにを)」「Who(だれが)」「How(どのように)」「How much(いくらで)」なのですが、これを意識することで内容を整理してうまくライティングをすることができるようになります。私は仕事柄取材をすることも多いのですが、取材もこの5W2Hにあてはめて行うと内容を整理することができてとてもいいですね。

仕事のスキマ時間を利用して学習できる

仕事のスキマ時間を利用して学習できる

デジハリ:続いて「オンライン受講(eラーニング)」という受講形式についてお聞かせください。 以前オンラインでの受講経験はありましたか?

柴又様:ありませんでした。

大関様:私は予備校のサテライト学習のようなものを受けたことありましたが、このようにPCを使ったものはなかったですね。

デジハリ:実際に受けられてどのような印象を持たれましたか?

柴又様:場所を選ばず、職場や自宅で学習することができるのはすごく良かったと思います。 私は授業を主に出社後すぐの仕事が始まる前に見ていました。 朝の時間は集中できるんですよ。 そういったスキマ時間を利用して学習をすることができるので助かりました。 仕事が忙しい方でも問題なく受講できるかな、という印象です。

大関様:そうですね。私もそう思いました。私は柴又さんとは逆で、仕事が終わったあとちょっとだけオフィスに残って見るようにしていました。大体週に1~2本というペースで学習を進めていましたね。 授業の進行も、早すぎず、遅すぎず、ちょうど良かったですね。講師の方の話し方もすごく判りやすくすんなり入ってきました。

デジハリ:「Web文章力」養成講座では講師からライティング内容を添削してもらえる、というサポートもついています。

柴又様:今回は受けられませんでしたが、実際に書いて添削してもらい、さらに同級生の作品が見られるので、きちんと身につく勉強法だと感じました。聞くだけよりは、実際に試したほうがいいですからね。 機会があればぜひ添削も受けてみたいと思います。

FAQ

Q.問い合わせから研修開始まで、どれくらいかかりますか?

最短で、翌営業日から研修を受けていただくことが可能です。
既存の講座をそのままお受け頂く場合には、お申込みが完了次第、すぐに研修を始めていただくことも可能です。ただし、人数などの条件により異なる場合もございますので、詳細はお問い合わせください。

Q.オンラインでの研修は、どのように進めるのですか?

各自でPCを使用して、それぞれのペースで学習を進めていただきます。
オンラインスクールの研修は、集合研修のような講義形式ではなく、各自がPCなどで動画授業を見て、それぞれのペースで学習を進めていく形式になります。お申込みの際に、研修をお受けいただく方のメールアドレスをご連携いただき、そのメールアドレスごとに学習用ログインIDを発行いたします。各自の学習状況の進捗を管理する必要がある場合は、管理者IDを発行することもできますので、お申し付けください。

メールでのお問い合せ

ebiz@dhw.co.jp

お電話でのお問い合せ

03-5289-9267

受付時間 月~金 11:00~18:30