「クリエイターのたまご」の皆さんに贈る、デジタルハリウッドのお役立ちWebマガジン!「クリエイターになりたいなぁ」と、ちょっとでも思ったことのあるあなたは、「くりたま」です。

PHPとは?プログラミング初心者のおすすめ言語、PHPでできること

PHPとは

JavaやC言語、Basic、Python、Perlなど、数多くのプログラミング言語が存在しますが、プログラミングをマスターするコツは1つの言語をきっちり習得することです。

しかし、プログラミング初心者の中にはどの言語から学べば良いか悩まれる方も少なくありません。そのような方はPHPの学習を始めてみてはいかがでしょうか。

ここでは、初心者でも理解しやすいPHPの特徴やPHPでできることについて説明します。

 

PHPとは

「PHP(Hypertext Preprocessor)」はC言語で書かれたオープンソースのスクリプト言語です。スクリプト言語とはプログラムの記述や実行を比較的簡単にできるプログラミング言語のことを指します。PHPの場合、Webページを構成するHTMLに記述したスクリプトをサーバー側で実行し、結果をユーザーのブラウザに返します。

 

HTMLのソースにテキストベースで埋め込むことができるため、テキストエディタがあればすぐにプログラムを書くことができる手軽さが魅力です。データベースを扱うようなWebアプリケーションの開発を比較的簡単に行うことができ、コンパイルも不必要です。

初心者でも扱いやすく、ブラウザ上で簡単に動かすことができます。URLの最後が「.php」となっているサイトではPHPが用いられています。

 

PHPで新しい記事をトップ画面に表示したり、アクセスカウンタを作ってアクセス数を更新したりするなどの処理を自動で実行することができます。

掲示板やブログのように多くの人がリアルタイムで情報を更新する際は、PHPを使ってその都度自動更新させることが可能です。

 

初心者にやさしいPHP

PHPは文法が分かりやすく、簡単にデータベースと連携させることができます。また、Webアプリケーション開発に適しているため、非常に需要の高い言語です。

PHPは比較的習得が容易で需要も高いことから、これから何か言語を習得したいと考えるプログラミング初心者だけでなく、他の言語を一通りマスターしている中級者の方にもおすすめです。人気がある言語であるため、書籍やWebで情報を仕入れやすいというメリットもあります。

 

オープンソースのブログソフトウェア「WordPress」はPHPで開発されているため、PHPとHTMLが分かればカスタマイズすることができます。また、エラーや警告内容をブラウザ上に出力する設定にすれば、デバッグをする際に大変便利です。

PHPの他にWebサイトを作成するための言語は多く存在しますが、開発効率の高いPHPが多く使用されています。

 

PHPでできること

PHPを使うことで動的なWebサイト作成ができます。例えば、MySQLなどのデータベースと組み合わせることによって、ショッピングカートへの商品追加や購入手続、フォームページからのデータ取得、購入者に対する確認用メール送信機能などを持たせたECサイト作成も可能です。

 

一方、PHPはユーザーが何かをクリックしたり、フォームに書き込みを行ったりした際にサーバー側でそのデータを受け取り、処理をしてブラウザに返すサーバーサイドの言語であるため、ブラウザ上で表示される画像を自在に動かすことはできません。画像を動かすときはJavaScriptなどのクライアントサイドの言語を利用します。

 

まとめ

PHPでできることのイメージはつかめましたか?PHPはWebサイトのさまざまな便利な機能を支えています。HTMLだけでは実現できず、これまでPerlやJavaなどを組み合わせて実装していた機能も、PHPによって手軽に開発ができるようになりました。

 

プログラミング言語は各言語ごとに特徴がありますが、1つ理解できると他の言語の理解も比較的容易になり、応用が利くようになります。これからプログラミング言語を学ぶ人は、構文が分かりやすく開発しやすいPHPから挑戦してみてはいかがでしょうか。PHPを使えるようになれば、Webの世界がぐっと広がることは間違いありません。

B!

この記事におすすめのオンライン講座

こんな記事も読まれています

InDesignとは?Illustratorとの違いや基本の使い方を初心者向けに徹底解説

動画クリエイターとは?なるにはどうしたらいい?仕事内容や必要なスキル・資格についても紹介!

Webデザイナーの仕事内容とは?仕事内容や将来性などを徹底解説!

モバイルバージョンを終了