現代は、趣味でも経営でも多様化が求められる時代です。今日売れたものが明日も売れるとは限りません。製品コンセプトの段階で経営リスクを最小限に抑えることが目的のセグメンテーションについて考えてみましょう。

 

セグメンテーションの意味と重要性について

セグメンテーションの意味
マーケティングにおけるセグメンテーションとは、企業が展開したい製品やサービスに興味・関心を持つ顧客の層(これを顧客セグメントと呼びます)を、年齢や性別などをテーマにして、ある程度細分化することを意味します。

 

狙いを絞った顧客層(ターゲット層)だけに、販売戦略を展開していくのです。不特定多数の人に共通の商品を販売する方法とは逆の考え方になります。

 

次に、企業戦略において、セグメンテーションを行う利点について考えてみましょう。

 

現代の市場では、顧客のニーズと製品ジャンルが多様化しています。例えば、小学校低学年の女の子が欲しがるぬいぐるみを大人の女性が欲しがることはあまりありませんし、男の子や大人の男性になってくると、もっとぬいぐるみを欲しいとは思わなくなってきます。

 

つまり、逆の発想でいえば、製品コンセプトを万人受けするものに設定してしまうと、それを欲しがるユーザー層が曖昧になり売れ行きも中途半端なものになってしまうのです。

 

結果的に、売れない製品やサービスになってしまいます。

 

有名なセグメンテーションの事例

マーケティング戦略におけるセグメンテーションの事例を考えてみましょう。

 

例えば、販売したい商品がお茶やコーヒーのような飲み物の場合、実際に商品を口にするお客様やユーザー層の立場にはどのような事情があるでしょうか?

同じコーヒーであっても朝に飲みたいコーヒーと昼に飲みたいコーヒーとでは事情が変わってきます。

コーヒーは嗜好品でもあるので、男性や女性といった性別によっても求めるものが変わってくるかもしれません。

 

有名な缶コーヒーブランドであるアサヒ飲料株式会社のWONDA(ワンダ)の「朝専用コーヒー」や別メーカーの「午後の紅茶」などは、商品が消費される時間帯をセグメントに細分化して製品開発が行なわれています。

 

Webにおけるセグメンテーションの応用

Webにおけるセグメンテーション
Webマーケティングにおいて、セグメンテーションを活用する方法を考えてみましょう。

 

セグメンテーションの基本は、商品展開する層をいくつかの細分化されたセグメントに分けることだとご紹介してきました。

この概念は、そのまま広告や宣伝活動にも活用できます。

 

例えば、「ダイエット食品」を販売している企業がリスティング広告を出稿していたとしましょう。

さまざまなキーワードでリスティング広告を出稿した結果、「ダイエット器具」などダイエットに直接関わるキーワードよりも「サプリメント」や「健康食品」というキーワードで流入したユーザーの方が、商品の購入率が高いことがわかりました。

つまり、ダイエットに興味がある層と健康に気を使っている層にセグメントしたときに、自社にマッチしたのは健康に気を使っている層であることが判明したのです。

ターゲットにすべきユーザー層が分かれば、アプローチ方法も変わります。このケースでは、健康に気を使っている層に対する出稿費用を上げ、健康的にダイエットできるということをWeb上でプロモーションすることで売上が変わるかもしれません。

 

まとめ

Webマーケティングにおけるセグメンテーションの役割は、狙った顧客層にインターネットを通して何らかのアクションを起こしてもらうことでもあります。

それを実現させる為には、Webマーケティング担当者の確かな知識と、現場での経験が必要です。


さらに学ぶためには?
デジハリ・オンラインスクールのオススメ講座