メインビジュアル背景画像

ZBrushマスター講座

全3ヶ月

49,500円税込

業界標準のスカルプトソフト
「ZBrush」を学ぶ!

まるで粘土をいじるような感覚で3DCGモデルを彫刻(スカルプト)できるソフト「ZBrush」。数多くのCGプロダクションで導入されている、業界標準のスカルプトソフトです。

本講座では、「ZBrushに興味を持っているが何からはじめて良いか分からない」というスカルプトソフト初心者の方を対象に、ソフトの基本的な操作方法から、応用的なデジタル造形の手法までをレクチャーします。

入門編では、簡単なキャラクターモデルを作りながらZBrushの基本的な機能を習得。続く応用編では、恐竜、カッパ(クリーチャー)そして顔・体・衣装を含めた人物の作りこみと、徐々にディティールの細かいモチーフにチャレンジしていきます。このように、ZBrushでよく制作される代表的ななモチーフを網羅することで、「自分が思い描いていたものを、思いのままにスカルプティングできる」力を効率よく身につけます。 もちろん、CGソフトとの連携についても対応。

ZBrushをマスターして、3Dプリンターで出力可能なデジタル造形に挑戦しましょう!

身に付くスキル

  • ZBrushの使い方
  • 直感的なモデリング
  • ローポリゴンモデリング
  • キャラクター・人物造形

こんな方にオススメ

  • 3DCGソフトを使った制作経験をお持ちの方(Maya推奨)

    3DCGソフトを使った
    制作経験をお持ちの方
    (Maya推奨)

  • ZBrushを使ったスカルプティングの基本を習得したい方

    ZBrushを使った
    スカルプティングの
    基本を習得したい方

  • 3DCG制作におけるZBrushの具体的な活用方法を知りたい方

    3DCG制作における
    ZBrushの具体的な
    活用方法を知りたい方

※授業内容にMayaとの連携作業がありますので、Mayaに触れたことがある方を推奨としています。

受講期間

約3ヵ月(13週間)

授業形式

動画:約17時間

受講料

49,500(税込)

※動画授業はオンデマンドでの配信となるため受講期間終了後は閲覧することができません。

STUDY

講座内容

入門編

入門編

当講座の説明

講師紹介 / 当講座について / ZBrushについて

基本操作とリファレンス

起動方法と終了 / インターフェース構成 / 2.5Dツールの概念理解 / ベースメッシュ / 画面の表示について / 操作と履歴 / ブラシの基本 / ブラシ / ブラシの便利機能 / ファイルの保存方法 / 覚えておきたいブラシ / 変形と移動 / トランスポーズ / オブジェクトのグループ分け / 表示非表示 / UIのカスタマイズ

モデリング基本編(1)

ツール説明 / 頭_口 / 顔_耳 / 体 / 手 / 足

モデリング基本編(2)

リファレンス_ダイナメッシュ / スカル画像テンプレート読み込みと配置 / 球体から荒くスカルの形をつくる / マスクキングと細部の整形、下あごのグループ分け / エッジにメリハリをつける・歯の形を刻む / ほほ骨の整形 / 頭部の割れ目を刻む・仕上げ

ローポリゴンモデリングとZModeler

ZModelerで編集可能にする / Qmeshでの押出し / Extrudeでの押出し Qmeshとの違い / Insetで面にさらに面を作る / Deleteで面を消す Transpose / Bevelで角を落とす・エッジを挿入 / Slideで面のエッジをスライドする / 様々な面のデリート Make Curve / Creaseでエッジを残す

モデリング基本編(3)

ブレード部分の作成(ベースをつくる・細かく作りこむ) / 柄の部分作成 / つばの作成 / つばに髑髏の彫刻をあしらう / まとめ

詳細(PDF)

応用編

作例

応用編

SculptrisProと従来手法の連携

SculptrisProと従来手法の連携

モデリング応用編(1)恐竜の頭蓋骨

テンプレートにそって形状をとる / 目やえら等の部分のくぼみ / 上あごの作りこみ / とさか / 歯を付ける

中級リファレンス

InsertBrush_CrrveBrushの使い方 / 始点と終点の違うオブジェクトのCurveBrush登録 / Zsphere

モデリング応用編(2)恐竜の全身

恐竜の全身_概要 / 骨格から皮膚を作る / 恐竜の頭_目 / 恐竜の頭_皮膚頭 / 恐竜の胴体 / 恐竜の指 / 恐竜の爪 / 恐竜の足 / 恐竜のディティールアップ

モデリング応用編(3)カッパのモデリング

カッパの顔(目鼻・口・あご・微調整・皮膚) / カッパの体(Zspereで大まかに作る・メリハリをつける・足の作成・ブラシで皮膚感をつける) / カッパの手 / カッパの甲羅 / カッパのリトポロジー / カッパのポージング

実践リファレンス

UV展開の詳細(UV全体の説明・UVマスターでの展開) / ポリペイント(色を塗ってみる・ポリペイントのテクスチャ書き出し・テクスチャのポリペイント変換・スポットライトで写真をモデルにペイント・質感を塗り分ける・マットキャップベイカー(プラグイン)) / Gizmo3D_デフォーマー(デフォーマー・プリミティブ投影) / ライブブーリアン / 外部ソフト連携(モデルの書き出し・Mappingの書き出し・GoZ(プラグイン)でのデータ転送)

モデリング応用編(4)UFO

UFOのベースの作成(Gizmo3D) / 中央部分の作りこみ / 装飾パーツを追加していく / 窓の取り付け 中央下部の装飾 / 装飾パーツをさらに追加していく / アンテナの取り付け

モデリング応用編(チャレンジ課題)

インサートブラシ / 目と鼻の立体感を出していく / 眼球を配置する / 目の下、くちびる、あごのライン / 耳を配置 / 頭部の全体のバランスの調整 / Zsphereでの髪の毛の束作成 / 頭の全体に髪の毛束を配置 / Zsphereから髪の毛のスキンデータ(ポリゴン)化 / IMM body parts(人体パーツブラシ)の説明...他

詳細(PDF)

※動画授業はオンデマンドでの配信となるため受講期間終了後は閲覧することができません。

SUPPORT

1.ZBrushが必要です

メーカーが定める必要システム構成をご確認ください。
※動画教材で使用しているZBrushのバージョンは「ZBrush2018」です。
※ソフトをお持ちでない場合、デジハリストアにてソフトをご購入ください。

2.受講に必要なパソコン環境

受講環境につきましては、こちらをご参照ください。

SUPPORT

Q.企業内での研修でも利用できますか?

はい。問題なくご利用いただけます。そのまま「お申込みボタン」からお申込みください。
通常の講座内容や受講期間をカスタマイズされたい場合、その他ご相談がございましたら、法人向け研修講座をご覧ください。
その他のよくあるご質問についてはこちらのページもご参照ください。

APPLICATION

お申し込み講座

ZBrushマスター講座

受講料

49,500円(税込)

※受講環境および約款をご確認いただけましたら、「受講環境、約款を確認しました」にチェックを入れ、申込フォームへお進みください。
※分割払いもこちらからお申込みいただけます

RECOMMEND