運営スタッフが語る
デジハリ生専用の求人サイト
『Job Style Search』

「卒業した後、お仕事はあるのでしょうか」
入学を検討されている方から、よく受ける質問の一つです。
ご安心ください!デジハリ生だけが使える、求人検索サービスがあるんです。
その名も「Job Style Search(ジョブスタイルサーチ)」
9月にリニューアルして、さらにいろんな働き方のお仕事が探せるようになりました。
今回は、運営担当の矢野麻衣に、Job Style Searchについて語ってもらいました。

デジハリ生なら、フリーランスの案件も、正社員の求人も「Job Style Search」から探せます!

デジハリ:新しく生まれ変わったJob Style Searchは、どんなところが変わったのか教えて頂けますか?

矢野:一番の変更点は、以前よりも多様な働き方で、お仕事が探せるようになったことです。今までは正社員・契約社員等の雇用に関する情報と、フリーランス案件は別媒体でご紹介していましたが、今回のリニューアルで、どちら向けの案件も横断的に検索できるようになりました。

働き方改革なども進められる中、ここ数年で雇用に関する考え方も大きく変わってきています。加えて今は人材不足なので、募集を正社員に限定するとなかなかマッチングできないことも多く、お互いが納得した形を選べるこのやり方は、企業側にとってもメリットが大きいのです。

未経験でも作品次第!
早くから求人を見るのがおすすめ

未経験でも作品次第、早くから求人を見るのがおすすめ

デジハリ:オンラインで受講する方の中には、卒業後に未経験から新なお仕事に挑戦しようとしている方も多くいらっしゃいます。そんな方へ向けて、仕事探しのアドバイスを頂けたら嬉しいです。

矢野:入学したらまず、実際の求人や案件を見てみるのがいいと思います。Job Style Searchでは、日々、さまざまな企業の“今必要とされているものや人”の情報が更新されているので、入学したら早くからサイトを見て、(いまは理解ができなくても)自分が挑戦するんだという気持ちで見ていただければなと。

それから、実際に出ている案件を自由課題のテーマとして使ってもらうのもいいと思います。そのまま「ニーズがある」制作物になるので、お仕事探しの時にも必ず役立ちます。実際に応募するかしないかは、自由ですしね。

デジハリ:入学したら、すぐJob Style Searchに登録ができるのですね。

矢野:そうです。入学時にIDとパスワードをお渡ししますので、すぐにログインすることができます。ただ、案件への申し込みは、ポートフォリオが必要です。逆に、ポートフォリオがあれば在学中の方でもお仕事へ応募できます。

デジハリ:いろんな働き方のお仕事があるということでしたが、未経験でもチャレンジできるものはありますか?

矢野:企業さんもあえて「未経験の方を探しています」とは書かないですが、未経験でも仕事がきちんと出来る人ならば採用したい、と思っていらっしゃる企業さんは多いです。なので、作品を作って「未経験だけれどここまで出来る」というアピールをしてもらうと、お仕事を得られるチャンスが広がると思います。
企業も、作品が全くないとそもそも判断ができませんので、課題をしっかり作って応募して頂くというのはポイントかなと思います。直接会えない方の場合は、尚更ですね。

デジハリ:未経験でも作品次第ということでしょうか。

矢野:そうですね。私は育休中に渋谷・新宿校のママクラスを受講していたのですが、この時のクラスメイトも、“未経験で主婦歴10年”みたいな人が結構いました。

ですが、就職の面談に「未経験ですが…」とポートフォリオ(制作物をまとめた作品集)を持っていったら、「未経験だけれど、未経験じゃないね!」と企業さんに言われたという方もいました。本人は未経験だと思っているから、正直に伝えてるんですけれどね(笑) 結果、本人の希望通り派遣で、いい時給で採用されました。

本当に何もない未経験の人って「絵が好きで…」くらいで面接に来てしまうので、"経験のある方"という表記はあくまでその予防線であって、ポートフォリオをしっかり作ってあればそのあたりはカバーできるという事だと思います。

デジハリ:確かに、卒業後のポートフォリオは入学前とくらべると差が歴然ですよね。オンラインスクールの課題は、業界で必須のテクニックや、デザインのトレンドをおさえてあり、最終的に企業が安心してお仕事を任せられるような作品が作れるよう工夫されています。スクールで学んだ方とそうでない方との違いは、企業側も一目でわかると思います。

多様な働き方をするなら、
「レスポンス」の良さも大切

快適に受講頂ける環境をつくっていきたい

デジハリ:ポートフォリオ以外にも、お仕事が決まりやすくなるようなポイントは何かありますか?

矢野:あります!多様な働き方をしたいのなら、遠隔ならではのレスポンスの良さも重要です。

私が業務委託の方と仕事をしていてよく感じる事は、作品のクオリティが高いのはもちろん良いのですが、メールの返信が全然来ないとか、ちょっと時間がかかる人は困るなという事です。

案件が今出来る・出来ないのやり取りも含めて、とにかくレスポンスが早い人は安心。なので、同程度のスキルレベルならレスポンスのいい人の方が選ばれるかと思います。こういった技術面じゃない部分も大事です。

オンラインの受講生さんは特に、課題の提出から、質問、返事が戻ってきて、お礼をするまでのやり取りも基本的にはテキストでやり取りをしますよね。実際のお仕事もこれがメインになると思うので、鍛えると思って意識して取り組んでみてください。就職するにしろ、独立するにしろ、強みになります。

セミナーやコンペでレベルアップ、
毎週月曜日のマッチングDAYも!

矢野:それから、オンラインの交流会もいいのですが、私たちもセミナーや面談の機会を設けていますので、勇気をもってこちらへ来て頂ければ、直接私たちが持っている情報をお伝えできますよ。

今で言うと、トライアルワークという、実際に企業から出された案件に対して、コンペ形式で制作に取り組んでもらうということをしています。今回、10人ほどに参加いただいて、オンラインの受講生の方も1名いらっしゃいました。

選ばれた人にはもちろん、正式なお仕事としてお給料が発生しますし、もし選ばれなかったとしても、自分のポートフォリオに載せることができるんです。
通常、コンペでは、落選作品はポートフォリオに入れられないことが多いのですが、トライアルワークの場合は、事前に企業さんにお願いをしているので。そういったものに参加して頂くと、フィードバックも出来るし、経験値も積めるし、良いと思います。トライアルワークは、年に4回程のペースで実施を予定しています。皆さんのご参加、お待ちしております!

デジハリ:コンペやイベントには通学制クラスの在校生・卒業生も参加されるのですよね。オンラインの受講生でも疎外感を感じたり…なんてことはないでしょうか?

矢野:通学クラスからの参加者ももちろんいますが、そもそもデジハリは社会人向けスクールなので、「みんな一日中教室にいて、顔見知り」というわけでもないんです。10年前の卒業生も去年の卒業生も参加しますので、オンラインかどうかなんてほぼ関係がありません。初参加でも疎外感はないと思います。みんな1人ですし、大丈夫です!むしろそこで知り合いを増やして下さい!

新宿校は毎週月曜日にxWorksDAY(https://www.xworksdhw.com/xworksday)を開催しています。参加にはイベントへの予約登録が必要ですが、ぜひオンライン受講生の方も来て頂ければと思います。

デジハリ:定期開催なら、地方の方でも立ち寄ったりしやすいですね。

矢野:はい!どなたでも大歓迎です。特に、セミナー・イベント時には遠慮なくお越しください。

デジハリ:キャリアチェンジを考えている受講検討者の方にとって、卒業した後の仕事に関して、不安は多いと思います。そんな中で、デジハリ生には専用の求人紹介サービスがあるというのは心強いですね!

矢野:働き方や職種を変えようと思うと、疑問もたくさんありますよね。Job Style Searchでお仕事を見たり、新宿のセミナーやxWorksDAYに参加したりして、デジハリ生としての特権を駆使してもらえたらと思います!

xWorksをどんどん活用して、お仕事をみつけてください!