世の中には、「ブックデザイナー」と呼ばれる仕事があることをご存じでしょうか?ブックデザイナーとは、出版される本の外装をデザインする仕事のことです。「本の装丁家」や、もっとシンプルに「装丁家」とだけ呼ばれることもあります。

「本の外装」に関する仕事のため、表紙だけでなく帯やブックカバーなどさまざまなデザインを手がけることもあります。

ブックデザイナーとしての仕事は、単に本の内容にあわせてデザインするだけではありません。

本屋さんで売られている本を手に取った人に、ブックデザイナーがデザインした外装を見ただけで全体の魅力が伝わり、最終的に手に取った本を買っていただけるデザインを考えなくてはなりません。

お客さまにとって「買うに値する、ふさわしいデザイン」を演出・プロデュースすることもブックデザイナーとしての仕事です。

デザインセンスが要求されるブックデザイナーとしての具体的な仕事内容&年収について見てみましょう。

 

ブックデザイナーとしての働き方

ブックデザイナーとしての働き方
ブックデザイナーとしての働き方は、人によって違います。

本のデザインには大きく分けて「表紙やブックカバーなど、本の外装としてのデザイン」「本の中身も含めてすべてデザインする造本」があります。

ブックデザイナーの仕事は本の外装をデザインすることと述べましたが、中には両方のデザインを手がける人もいるのです。もちろん、外装のデザインを専門に行っている人もいます。冒頭でご紹介したように、外装のデザインを専門にしているブックデザイナーのことを装丁家とも呼びます。

本の外側のデザインである「装丁」の出来によって、本の売上が大きく変動することもあるため、ブックデザイナーはとても重要な仕事です。また、実力と実績があれば、フリーランスとしても働ける職種でもあります。

ただし、電子辞書の普及などの将来性を考えて、他のデザインの仕事も兼任する人も少なくないようです。

 

ブックデザイナーになるために必要なこと

ブックデザイナーになるために
ブックデザイナーになるためには、どのような経歴や資格が必要なのでしょうか?

ブックデザイナーとして仕事を依頼される基準は、資格よりも過去の実績や実務経験から評価されるケースが多いです。

フリーで仕事をする作家や編集者と同じように、ブックデザイナーの場合も出版業界や本を制作する仕事の背景を熟知している人物が求められます。出版社に勤務して編集者としての経験を積んでから、ブックデザイナーになる道もあるようです。この場合、ほとんどの出版社が四大卒以上の人材を採用するため、まずは編集者になるための学歴が必要になります。

他にも、デザイナーとしての職歴や実務経験からブックデザイナーになる道もあります。デザイン事務所に勤務したり、売れっ子のブックデザイナーのもとでアシスタントとして働いたりした後に、ブックデザイナーとして独立する方法です。

デザイナーとしての職歴からブックデザイナーになる場合は、美術系の学校でデザインの基礎を学ぶと良いでしょう。

 

ブックデザイナーの年収について

ブックデザイナーの仕事は、グラフィックデザイナーやイラストレーターが兼任することが多く、収入・年収は人によって大きく異なります。

出版社やデザイン事務所に正社員として勤務する場合の年収は、300万円~400万円ほどです。

フリーでブックデザイナーの仕事に専念する場合の年収は、出来高による収入になるため一概にはいえませんが、売れっ子のブックデザイナーになるとブックデザイナーの仕事だけで年収1,000万円を超える人もいます。

ただし、前述したように、装丁の仕事だけで生計を立てている人はごく少数です。

フリーのブックデザイナーの場合でも、他の仕事と兼任していることがほとんどになります。

 

まとめ

本が好きな人にとって、自分がイメージしたブックデザインが商品として世に出版されるブックデザイナーとしての仕事は、とてもやりがいを感じられる仕事です。一方で、自分のデザインした内容が、本の売上を左右するというプレッシャーを常に感じる仕事でもあります。

また、売れっ子のブックデザイナーになれるのは、全体のごく一部という割り切りもある程度は必要です。


さらに学ぶためには?
デジハリ・オンラインスクールのオススメ講座