Webデザイナーは副業でもできるの?仕事を獲得する方法と収入の目安

Webサイトのデザインを手がける、Webデザイナー。インターネットがじゅうぶんに普及した今、その需要は高いといえるでしょう。では、Webデザイナーは副業でも仕事を受注できるのでしょうか?

この記事では、Webデザインスキルを活用して、Webデザイナーを副業としたいという方のために、仕事を見つける方法や、副業で得られる収入の目安などをまとめました。

これからWebデザイナーとして活躍したいという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

Webデザイナーは副業でもできるの?

結論からいえば、Webデザイナーは副業でも仕事をしやすいといえるでしょう。

その理由には以下の点が挙げられます。

 

パソコンがあれば在宅で仕事ができる

Webデザイナーは、作業環境が整ってさえいれば、自宅で仕事をすることができます。

スケジュールの調整がしやすく、自分自身のペースで進めることができます。

 

 

時間を有効に使える

フリーランスのWebデザイナーの場合、仕事の打ち合わせはメールやチャット経由で行われることが多いといえます。何度もクライアントの元に足を運んだり、会議に時間を割いたりしなくて良いため、限られた時間を有効活用できるでしょう。

 

仕事を選ぶことができる

Webデザイナーの需要は高く、その案件も多種多様です。

1日で手がけられる分量のものから大掛かりなプロジェクトまで、幅広い仕事があるため、その時点での自分の業務量に見合う案件を選ぶことが可能です。

 

副業で仕事を獲得する方法

Webデザイナーの仕事は、クライアントから仕事の依頼・発注があって成立します。

キャリアを積んで実績数も多くなると、指名依頼されるケースもありますが、最初は自ら動いて仕事を得るしかほぼありません。

では、仕事を獲得するにはどのようにすれば良いのでしょうか?

 

 

自分の人脈・コネクションを使う

1番早いのは、友人や知人から仕事をもらうという方法です。

信頼関係がある上、Webデザイナーとしてのスキルがあることが伝わっていれば、直接発注してもらえる可能性が高いでしょう。

最初に友人や知人からの仕事を請け負うことで、実績を作れるのは心強いですね。

 

自分のWebサイトにポートフォリオを掲載する

自分のスキルや実績を効果的にアピールするためには、今までに関わった作品のポイントをまとめた「ポートフォリオ」を作成しましょう。

 

ポートフォリオは、Webデザインのスキルだけでなく、センスや得意な方向性をクライアントに伝える手段としてとても重要です。

フリーランスとして副業で活動する場合は、必ず独自のWebサイトを作り、そこに各クライアントから掲載許可を得た作品(過去の実績)や、オリジナル作品を掲載しておくようにしましょう。

「受注可能」と現在の状況を記載しておくことで、案件依頼を受ける可能性が高まります。

 

クラウドソーシングサービスを活用する

仕事を獲得する方法の1つとして、インターネット上のクラウドソーシングサービスを利用するのもおすすめです。

クラウドソーシングでは、デザインやライティングの仕事を希望する個人がそのサービスに登録することで、企業から直接仕事を受けることができます。

 

また、もし気になる企業があればクリエイター側からも自由に応募することができるため、たとえコネクションがなくても、一度関わりたいと思っていた企業へのアプローチができるでしょう。

 

収入の目安は?

Webデザインの仕事の単価は、下層ページ数やコーディング有無によっても大きく変動します。目安としては、情報量が比較的少ないサイトのトップページデザインが1案件5万円前後、情報量が多い場合は10万円前後といったところでしょう。

 

平均年収としての相場は250万円程。クライアントから指名発注されるようなレベルになると、1案件の価格が大幅にアップするため、年収1,000万円以上の方も中にはいます。

 

まとめ

今回は、Webデザイナーを副業とする場合についてご紹介しました。

仕事の特性上、時間や場所の制約がほぼないため、会社員であっても休日や帰宅後にWebデザイナーとして活動することは可能です。Webデザイナーを副業としてしっかりとお金を稼ぐには、Webデザインのスキルのほか、実績も重要となります。人脈に自信がない場合は、まずはクラウドソーシングサービスなどを利用して、多くの案件に関わり、経験と実績を積むことをおすすめします。