JavaScript(ジャバスクリプト)は、プログラミング言語の一種です。名前は聞いたことがあっても「実際に、どういうことに使われているのか?」「JavaScriptは何が得意でどういうことが実現できるのか?」ということまでは、あまり知られていないのではないでしょうか?特に多いのが「Javaが得意な人は、JavaScriptを使った仕事もできる」という誤った認識です。

 

JavaはJavaScriptと同じプログラミング言語の一種ですが、JavaScriptとはまったくの別物です。では、具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

JavaScriptの詳しい説明も交えながら、JavaとJavaScriptの違いについてまとめてみました。

 

JavaScriptとは?

JavaScriptは、Webブラウザ上で動作するプログラミング言語です。

HTMLとCSSで構築されたWebサイトに動きを加えたり、さまざまなWebサービスを実現したりできます。

 

例えば、Webページに掲載されたたくさんの画像を横にスライドさせながら表示したり、お問合せフォームに入力された項目をチェックしたり、エラーメッセージを表示させたりすることも可能です。

他にも、ECサイトで商品を選ぶ際に使われるショッピングカートや料金を試算するシステムもJavaScriptで設計されていることがあります。

 

あまり意識していなくても、私たちは普段の生活のさまざまな場面でJavaScriptを利用しているのです。

 

JavaScriptは汎用性の高い開発言語

Webページに動きを加えるという役割以外に、JavaScriptを使ってできることを簡単に確認してみましょう。リアルタイムで動作可能な「チャット」や「為替のチャート」など、さまざまなWebアプリを開発できることもJavaScriptの魅力の1つです。

もう少し視野を広げてみると、スマホアプリやゲームもJavaScriptで作ることができます。パソコンだけでなく、iPhone・iPadなどさまざまなデバイスが活用される時代にJavaScriptのような汎用性の高い開発言語はとても魅力的です。

 

JavaとJavaScriptの大きな違い

JavaScriptをさまざまなデバイスを利用する私たちクライアント側で活躍するプログラミング言語と表現すると、Javaは、コンピューターやサーバー上で活躍するプログラミング言語と表現することができます。

 

また、Javaはオブジェクト指向プログラミング言語であるのに対し、JavaScriptはオブジェクト指向スクリプト言語です。スクリプト言語とは、プログラムの記述や実行が容易なプログラミング言語を指します。

 

その他の違いとしては、Javaのプログラムはソースファイルをコンパイルし、実行ファイルを実行することでプログラムを走らせることが可能です。一方、JavaScriptのプログラムは単体で動作させることができません。

JavaScriptのプログラムを動かすためにはHTMLという土台を必要とします。JavaScriptによる動きのあるWebページを実現する場合、HTMLファイル内にプログラムを書く、もしくはHTMLファイルの外部からプログラムを読み込ませなくてはならないのです。

 

まとめ

JavaScriptは、Webとの係わり合いが深い、汎用性の高いプログラミング言語です。スキルアップしたいWebデザイナーの方は、ぜひ学んでみてはいかがでしょうか?JavaScriptでできることを学ぶことで、Webデザインの幅が広がるかもしれません。


さらに学ぶためには?
デジハリ・オンラインスクールのオススメ講座