Webマーケティングで欠かせないのが「ペルソナ」です。Webマーケティングを成功させるためにはペルソナを設定し、ターゲットに合ったマーケティング活動を行えるかどうかが鍵となります。「見込み客が少ない」「顧客が獲得できない」という悩みを抱える企業の多くは、ペルソナの設定を軽視している場合が少なくありません。

今回は、企業のWeb戦略で重要な役割を持つペルソナとその簡単な設定方法についてご説明します。

 

ペルソナとは

ペルソナとは
ペルソナとは、一言でいえば「獲得したい顧客の人物像」です。顧客情報やアンケート結果などを分析して、構築された架空の顧客イメージがペルソナです。

年齢や性別、家族構成、居住地域、学歴、インターネット閲覧環境の他、「休日をどのように過ごしているのか」「仕事ではどのようなポジションにあるのか」「家庭での悩み事は何か」「自社に対してどのようなイメージを持っているのか」など、これまでに入手した情報から具体的な人物像を描くためのポイントを挙げ、ペルソナを作り上げます。

このようなペルソナを設定する理由は、マーケティング施策によって得られる効果を最大化するためです。例えば、マーケティングのためにWebコンテンツを配信する場合、ターゲットが不明確であれば良質なコンテンツは作れません。

しかし、理想の顧客であるペルソナが設定されていれば、その「人」に受け入れられるようなコンテンツを制作することができます。そして、ペルソナに合わせたマーケティング施策を実施することにより、顧客獲得へとつなげることが可能です。

 

ペルソナの設定方法

ペルソナの設定方法
ペルソナを設定するためには、まずは情報を集めなければなりません。既存顧客の情報を集め、整理するところから始めてください。情報を整理した後、その結果をもとに架空の顧客イメージを構築します。「仕事の役割」「仕事の目標」「興味や関心」などの項目別に、あたかもその人を紹介するかのように文章化しましょう。

ペルソナは具体的であればあるほど、マーケティングの精度を高めることができます。ペルソナ設定が難しい場合は、前提となる情報をより多く集める努力をしましょう。既存顧客へのインタビューも有効です。インタビューを実施することにより、マーケティングに直結する重要な情報が得られ、いきいきとしたペルソナを描くことができます。

また、Webサイトの解析ツールを利用することも手軽に情報収集できる方法です。ツールのユーザー情報から、どのようなユーザーがどのように行動しているかを読み取り、ペルソナの設定に役立てましょう。

ペルソナを設定する際に重要なポイントは、マーケティング側に都合の良い顧客像をペルソナに設定しないことです。現実のデータに基づくペルソナが設定されていなければ、適切なマーケティング施策を実施できません。想像や臆測に基づくペルソナ設定は避けましょう。

なお、ペルソナは一度設定すれば終わりというものではありません。時間の経過とともにユーザーの状況は刻々と変化します。半年前や1年前に設定したペルソナは、現実に即していない可能性があるため、必要に応じてペルソナを見直すことが大切です。

 

まとめ

ペルソナは設定する際にひと手間かかりますが、適切に設定できれば大きなメリットが得られます。また、正しい方向へマーケティングを進められるよう、ペルソナを適宜見直すことも重要です。

ペルソナは、マーケティング活動の出発点となるといっても過言ではありません。できる限り具体的な顧客像を描いて共有することにより、マーケティング施策の効果を高め、売り上げアップにつなげましょう。


さらに学ぶためには?
デジハリ・オンラインスクールのオススメ講座