Webサイトを制作する際に重要なポイントは、クライアントの意向を忠実に反映させることです。自分自身のWebサイトを作成する場合は、自分の頭の中にあるイメージをもとに制作を進めるだけですが、クライアントのWebサイトを作成する場合はそのようにはいきません。Webサイトのコンセプトをヒアリングし、クライアントにWebサイトの具体的な完成イメージを示す必要があります。

Webサイトの制作者とクライアントとのイメージを共有するために欠かせないのが、「デザインカンプ」です。Web制作に興味を持っている人であれば、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。今回は、デザインカンプとはどのようなものか、なぜWeb制作に必要なのかについてご説明します。

 

デザインカンプとは

デザインカンプとは
デザインカンプとは、簡単に説明すると「完成イメージ」のことです。日本語では「カンプ」と呼んでいますが、これは英語では「包括的レイアウト」という意味の「Comprehensive Layout」を略した呼び方です。つまり、すべての要素がそろった状態の最終的な見本がデザインカンプです。

デザインカンプを制作する場合、最初にWebサイトの枠組みを決めるワイヤーフレームを作ります。ワイヤーフレームの作成とは、画像を置く位置や記事を載せる位置などを線で区切ってWebサイトの骨組みを作ることです。

ワイヤーフレーム作成後、各要素を実際に配置し、デザインカンプに仕上げます。仮の画像を配置したり、背景や色を付けたりして、最終的な完成イメージが一目で分かるようにするのです。デザインカンプは、Photoshopなどのデザイン用ツールを使って作成されます。

 

Webサイト制作でデザインカンプが必要な理由

デザインカンプが必要な理由
では、なぜデザインカンプを最初に作らなければならないのでしょうか。

1つ目の理由は、クライアントとの認識のずれが生じることを防ぐためです。

Webサイトを作成するためには、最初にクライアントとWebサイトの方向性を決定します。どのような見た目にするのか、どのような機能を付けるのかなど、細かい部分まで確認してから制作作業に入りますが、もし最初の時点でクライアントと認識の違いがあると、大部分が完成してからすべて作り直さなくてはならない可能性があります。

そのため、Webサイト制作を始める場合、まずはクライアントにデザインカンプを数点提出することが一般的です。提出したデザインカンプの中から希望のデザインを選んでもらい、要望を聞いてカンプを修正し、制作承認を得てから制作作業をスタートさせます。

Webサイトの規模が大きくなればなるほど、制作時間や作業工数が増えるため、デザインカンプはより重要になってきます。トラブルなく制作作業を進めるためには、デザインカンプをもとにして、クライアントとイメージの共有を図ることが不可欠です。

デザインカンプを用意するもう1つの理由は、HTMLやCSSのコーディング作業をスムーズに進めるためです。Webサイト制作は多くのスタッフが制作に関わるため、スタッフ全員で明確な完成イメージが共有されていなければなりません。そのため、デザインカンプは制作作業のゴールのイメージとしても利用されます。

 

まとめ

Webサイトの制作フローにおいて、デザインカンプはデザインの方向性を決める重要な役割を持ちます。コーディング作業に入ってからの大規模な方向転換は、作業コストの大幅な増加だけでなく、制作スケジュールにも影響を与えます。デザインカンプをベースに、初期の段階でクライアントとのイメージ共有をすることが、プロジェクトを成功させる秘訣です。