数あるプログラミング言語の中でも近年特に注目を集めている言語のひとつが「Python」です。

名前はよく聞くけど、どんな言語なんだっけ?という方にむけて、今回の記事では、Pythonの特徴や今Pythonを勉強するメリット、実際にPythonによって作られているサービス事例の紹介などをしていきたいと思います。

 

👍こんな方のための記事です
  • Pythonの概要を知りたい人
  • これからPythonエンジニアになろうと検討している人

 

初心者におすすめのPython講座

 

Pythonとは?どんな言語?

Pythonは1990年代前半にオランダ出身のグイド・ヴァン・ロッサム氏によって開発されたインタープリタ型の高水準汎用プログラミング言語。

「読みやすく、効率もよいコードを簡単に書けるようにする」という思想がベースにあり、C言語やJavaなどと比較しても非常にシンプルな言語となっており、初めてプログラミングを勉強する方にとっても非常に取っつきやすいです。

Pythonは、Webアプリケーション開発システム管理、科学技術計算・Webシステムなど、幅広く利用されており、ここ10年ほどは機械学習ブームによって科学技術計算ツールとして高く評価されています。

Pythonの特徴は?

GoogleやInstagram、YouTube、Evernote……あなたも必ず使用したことであろう多くの世界的サービスにPythonは使用されています。

なぜここまでPyhthonが選ばれているのか。その理由には以下のようなものが挙げられます。

 

  • 設計思想の根底にある「シンプル」主義
  • 初心者でも学びやすい
  • 開発プログラムである「ライブラリ」が数万以上もある
  • モバイルアプリからWebアプリ、ドローンのプログラミングまで用途が広い

 

シンプルに学べて、用途が幅広く、多くの人が使用していることでコミュニティを通じて多くのコードを読むことができるなど、開発者のツボをついている点が人気の秘訣と言えるでしょう。

Pythonのメリット

プログラミング言語の中でも、Pythonを学習するメリットはさまざまです。その中から、いくつか代表的なものを紹介します。

初心者でも学習しやすい

Pythonは、文法がシンプルなため、コーディング初心者にとっても習得しやすい言語といわれています。
シンプルな文法ゆえに、コードを読みやすく、書きやすい。他の人が書いたコードを書き直す際も、比較的対応しやすい言語といえるでしょう。

汎用性が高く、広く使用される言語である

Pythonは、広い領域で使用されている言語です。Webアプリケーション開発システム管理、科学技術計算・Webシステムなどなど用途はさまざま。ここ10年ほどは機械学習ブームによって科学技術計算ツールとして高く評価されています。

InstagramやYouTubeなど、世界的なサービスでも使用されています。プログラム言語ランキングで世界4位であるという点からも、その需要の高さがわかるでしょう。

求人数が多く、ニーズが高い

Pythonは汎用性が高い言語と前述しましたが、転職市場を見てもPythonエンジニア、プログラマーのニーズの高さは伺えます。

大手求人サイトの「Indeed」で「Python」を検索すると、360件もの求人がヒットします。(2021/11/28時点)

多くの企業・サービスで採用されているため、その分、人手が必要とされているということです。もちろん、企業によって求められるレベル感は違いますが、プログラマーとしてキャリアを切り開くのにはオススメの言語といえるのではないでしょうか。

ソースコードが少ない

Pythonはソースコードが少ない言語です。そのため、かんたんなプログラミングであれば、短時間で完了できますし、記述ミスも比較的にしにくいシンプルさが魅力です。

オープンソースのため、無料で使用できる

Pythonはオープンソースであるため、ネット環境とPCさえあれば誰でも無料で使用できます。Pythonを使って作ったサービスやWebアプリケーションの商標利用も自由です。シンプルなコードだけでなく、こういった点からも、これからプログラミングを学びたい初心者にとってやさしい言語といえるでしょう。

Pythonのデメリット

上記でまとめたのはほんの一部ではありますが、Pythonは非常にスキル習得するのにオススメの言語です。一方で、しいてPythonのデメリットを挙げるならこのあたりかも……という点もまとめたいと思います。

日本語サポートが少ない

Pythonは海外では以前より人気の言語でしたが、日本国内ではまだまだ歴史が浅いです。そのため、日本語サポートが少なく、ネットで検索しても他の言語と比較するとヒットする記事も少ない傾向があります。

実行速度が遅い

Pythonは汎用性が高い言語ではあります、実行速度が遅いという特徴もあります。理由としては、インタプリタ言語かつ動的型付き言語である点が挙げられます。幅広く対応できるようにするために、速度は遅くなった、というとわかりやすいでしょう。

ですから、処理速度の速さが求められるゲーム開発や基幹システムとしては活用されていません。

記述時に「インデント」が必要

インデントとは、行の頭に空白を入れてから、文字を入れて、字下げすること。Pythonではこの字下げによって各ブロックを判断し、処理していきます。

インデントの記述を忘れてしまうと、正しい処理ができずにエラーが発生してしまうので、気をつけましょう。

 

初心者におすすめのPython講座

 

Pythonでできることは?活用事例とともに紹介

機械学習・人工知能(AI)開発

Python=機械学習というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

数値計算のTensorFlow、機械学習ライブラリのscikit-learn、深層学習ライブラリーのPy-Torchなど、Pythonはライブラリが非常に充実しており、AI分野のライブラリもオープンソースとして世界中に公開されています。

今後、AI領域の発展は世界的に注目されている分野ですし、Python人気の所以でもあります。

 

活用事例

  • タクシー配車アプリの「Uber」、
  • チケット予約の検索システム「Skyscanner」
  • AIを組み込んだ産業用ロボット製造サービス「KUKA」
  • ソフトバンクロボティクスによる機械学習ロボット「Pepper」

 

Webアプリケーション開発

Pythonは特に大型プラットフォーム型サービスの開発で使われることが多いです。

有名なフレームワークとしてはフルスタックフレームワークである「Django」、スピーディで小回りのきく開発が求められる際に適した「Flask」などがあげられます。

 

活用事例

  • 世界最大の検索エンジン「Google」
  • グーグル傘下 世界最大の動画共有サービス「YouTube」
  • オンラインストレージサービス「Dropbox」
  • Facebook社による写真・動画共有サービス「Instagram」
  • 世界最大規模の掲示板サイト「Reddit」

 

モバイルアプリケーション開発

Android、iOSでのモバイルアプリケーション開発にもPythonは使用されています。

 

活用事例

  • ニュース配信サービス「Gunosy」

など

 

デスクトップアプリケーション開発

Pythonを活用することで、Windows/Mac/iPad、それぞれに対応したデスクトップアプリケーション開発もできます。

 

活用事例

  • P2Pプロトコルをベースにしたファイル共有プラットフォーム「BitTorrent」
  • 3DCG制作アプリ「Blender」
  • 暗記型学習アプリ「Anki」

 

組み込みアプリケーション開発

まだ使われる機会がすごく多いわけではないですが、組み込みアプリケーションにもPythonは使用されています。

 

データ解析・分析

ビッグデータをクローリングやスクレイピング、処理していくデータ解析・分析計ツールにもPythonは使用されています。

 

活用事例

  • データ分析・可視化ツール「Tableau」
  • 大手ECサイト「楽天」(ビッグデータ解析)
  • グルメポータルサイト「ぐるなび」

 

ブロックチェーン開発

フィンテック・仮想通貨・ブロックチェーン領域でもPythonは使用されています。

 

活用事例

・LINEトークンエコノミー事業

など

 

Pythonでできないことはある?

Pythonでできることの幅広さをお伝えしましたが、反対にPythonではできないことについてもお伝えしたいと思います。

複雑で高速な処理を求められる開発

Pythonは複雑で高速な処理が求められる開発は苦手です。たとえば、複雑なゲームの開発や、スピード感が必要とされるシステム開発などには不向きといえるでしょう。

スピード重視なのであれば、JavaやC言語などの言語を検討するのをおすすめします。

スマートフォンアプリの開発

Pythonはスマートフォンアプリの開発にも向きません。Pythonでの開発自体はできなくはないのですが、スマートフォンアプリ開発であれば、AndroidにせよiOSにせよ、Unity、Java、Kotlin、Swiftなどを検討する方がよいでしょう。

デスクトップアプリの開発

スマートフォンアプリだけでなく、デスクトップアプリの開発も得意ではありません。デスクトップアプリの開発自体は可能ですが、Windowsアプリのような開発をしたいのであれば、C# などの方がおすすめです。

 

初心者におすすめのPython講座

 

Pythonの文法は?

もっともシンプルな基本構文として、Pythonを用いて「Hello World」を出力する方法をまとめます。

まずはテキストエディタやメモ帳を開き、以下のプログラムを入力します。

```print(“Hello World”)```

テキストエディタを「hello.py」という名前で保存します。コマンドプロンプトを開いてファイルの保存先に移動し、「python hello.py」と書いて実行します。

$ python hello.py
Hello World!

こうすることで、コマンドプロンプト上に「Hello World」と表示されます。このように、非常にシンプルなコードであることが伺えるでしょう。
いかにシンプルであるかをわかりやすくするために「C言語」と「Java」を用いて、同じように記述したらどうなるかも説明しておきます。

▼C言語の場合の記述

#include <stdio.h>

int main() {
printf(“Hello World\n”);
return 0;
}

▼Javaの場合の記述
public class HelloWorld{
public static void main(String[] args){
System.out.println(“Hello World”);
}
}

ひと目見れば、いかにPythonがシンプルなコードかがおわかりかと思います。

Pythonを学ぶメリット

Pythonを勉強することで得られるメリットには以下のようなものが挙げられます。

  • データ習得・解析の効率化
  • 注目のAIやブロックチェーンなどの領域での開発に携われる
  • 大規模サービスの開発の効率化が期待できる
  • 開発初心者としての第一歩目にもおすすめ

 

勉強がしやすい領域でありつつ、今後ニーズが高まっていく領域の開発に携われるというのは大きな魅力でしょう。

また、非エンジニアにとっても、データの習得や解析業務を大幅に効率化できるなどのメリットもあります。

Pythonの将来性や今後の需要は?

Pythonを学習する上で、Pythonエンジニアの将来性について考えられる方は多いと思います。先程からまとめているように、Pythonは機械学習(AI)の領域で使用される言語である点や、YouTubeやEvernoteやGoogle、Instagramなどたくさんの世界的なアプリケーションで使用されていることから、かなり世界的に盛り上がってきている言語であるのがわかります。

加えて、日本国内ではまだまだPythonエンジニアは多くなく、ある程度のレベルまでレベルアップすれば、転職や就職に役立つことが期待できます。

学習はかんたんではありませんが、将来目指すものに向かって、未来のPythonエンジニアとしてコツコツと勉強していきましょう!

 

Pythonエンジニアの市場価値はどれくらい?

前述したように、Pythonはとっつきやすさと、アップルやGoogle、マイクロソフトなどの世界最大手のIT企業が採用していることもあり、多くの企業で採用されている実績から、非常に人気のある言語です。

すなわち、Pythonエンジニアは非常にニーズが高まっているといえるでしょう。

データ解析やAI、ブロックチェーンなどの今後の市場拡大が期待される領域に強いこともあり、Pythonエンジニアの中には年収1000万円以上の求人が提示されていることもあります。

IndeedやGreenなどの求人サイトで「Pythonエンジニア」と打ち込むと、そのヒットする求人数の多さに気づくことができます。

株式会社ビズリーチによる調査によると、プログラミング言語別年収中央値をランキング化すると、Pythonは2018年度で3番目に高い数値となっています。

そのぶん、ライバルも多い領域ではありますが、しっかりと勉強してキャリアを積めば、さまざまな可能性に恵まれるエンジニア職種なのではないかと考えます。

Pythonのインストール方法

Pythonのインストールは、Windows/Mac/Linux問わず、Pythonの公式Webサイトからおこなえます。
https://www.python.org/downloads/

「Download Python」と書かれたボタンをクリックすることで、ダウンロードができ、その後設定をしていけば使用できるようになります。MacであればMac向け、WindowsであればWindows向け、LinuxであればLinux向けのバージョンをダウンロードします。

できるだけ最新バージョンを選択するようにしましょう。

 

Pythonを未経験から学ぶ方法

Pythonを未経験から学ぶには、「独学」か「スクール」かの2択となります。

PythonはWeb上で学ぶプログラムや教本も販売されているので、独学で学ぶ方法もありますが、ふだんの仕事や学校の片手間でコツコツ勉強していくのは簡単ではありません。

多くの方が三日坊主で終わってしまうので、ガッツがある人以外は独学は難易度が高いでしょう。

スクールの場合、初期費用はかかるものの、「もとをとってやるぞ!」という気持ちになるのと、プロのフィードバックを受けながら、気になるところは質問して進められるのが大きなメリットです。

あなたにとって、向いている方法で、Pythonエンジニアへの一歩を踏み出しましょう!

 

Pythonを未経験から学びたい人におすすめの講座

Pythonを学びたい!でも、自分のライフスタイルにマッチした勉強方法がいい!という方におすすめなのが、デジハリ・オンラインスクールのPython講座です。

こちらの講座では、Pythonのインストールおよび基本的な使い方を学び、DjangoというWebフレームワークを用いたWebアプリケーション開発を実際に行っていただきます。

デジハリ・オンラインスクールは、オンラインの講座のため、好きな時に好きな場所で学習できるのが特長です。これからPythonを使いこなしたい、初心者の方は、入門編として検討してみてはいかがでしょうか。

 

Python資格の種類

その汎用性の高さや将来性の高さ、学びやすさから人気を博しているPython。開発者の数もどんどん増えてきており、その技能や知識を客観的に証明できるような資格試験も生まれました。

Pythonに関連した代表的な資格をいくつか紹介します。

Python3エンジニア認定基礎試験

もっとも有名なPython関連の資格といえば、こちらの「Python3エンジニア認定基礎試験」でしょう。

一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会が運営している民間資格です。その名のとおり、Python3に関する基本構文や文法の基礎理解を問う試験内容となっています。

概要はこちらの動画でも解説されています。

試験概要(2022/6/25時点)

試験内容:文法基礎を問う試験
問題数:40問(すべて選択問題)
試験時間:60分
合格基準:正答率70%
受験料:10,000円(税込) 学割5,000円(税込)
教本:オライリージャパン「Pythonチュートリアル 第4版」

Python 3 エンジニア認定データ分析試験

「Python3エンジニア認定基礎試験」を運営する一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会が、実施するもうひとつの試験がこちらの「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」です。

2020年春よりリリースされたまだまだ新しい試験で、Pythonを使ったデータ分析の基礎に特にフォーカスした出題内容となっています。数学やデータ解析ライブラリ「Pandas」に関する知識についても出題されます。

試験概要(2022/6/25時点)

試験内容:
試験方式:コンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式
問題数:40問
試験時間:60分
出題形式:選択式
合格基準:正答率70%
受験料:一般価格 11,000円(税込) 学割価格 5,500円(税込)
主教材:翔泳社「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」

こちらで紹介したのは、あくまでもまだまだPythonの技術者の少ない日本国内での資格です。海外に目を向ければ、よりPythonエンジニアの多い国ではまた別の資格が存在しているので、レベルアップしてきたエンジニアはチャレンジしてみるとよいでしょう。

ポーランドのNPO「OpenEDG Python Institute」が実施する「Python Certifications」という資格試験は世界的に有名です。

Python資格を取得するメリット

Pythonの資格試験にはどのようなものがあるのかを紹介しましたが、そもそも資格取得をすることでどのようなメリットが期待できるのかについてもまとめておきたいと思います。

 

初心者におすすめのPython講座

 

Pythonの基礎的な技術を集中的に向上させられる

こちらは、資格を取得することというよりも、その学習プロセスにおけるメリットです。Pythonは前述したように、AI領域など、世界的なサービスの開発に使用されており、ニーズの高いプログラミング言語のひとつです。

また、コードが他の言語と比較してもシンプルであるため、プログラミング初心者でも学びやすいというメリットもあります。一方で、プログラミング学習はどうしても根気が要るもの。なにかキッカケを作らないと積極的に黒い画面と向き合う気力は起きにくいです。

そこで、資格試験を申し込み、覚悟を決めて学習していくことで、効果的にスキル習得できるようになるというわけです。

教本と、どの範囲からどのような問題が出るのかはある程度試験前から明示されているので、準備さえできればある程度の対策はできるはず。初心者の方は、一つのマイルストーンとして資格取得を目標にしてみると、ダラダラと学ぶのではなく、ほどよい緊張感を持ちながら学習できるようになるのではないでしょうか。

客観的に自分の技術力を証明できる

エンジニアのスキルレベルを対外的に証明するのはなかなか難しいです。また、Pythonエンジニアもなりたての人から熟練者まで、レベルはさまざま。資格取得をしておけば、採用面接の場などで、「あ、ある程度はわかる人なんだな」と印象づけることができます。

また、もし会社勤めではなく、フリーランスとして働いている場合は、自らの名刺に資格取得をしている旨を書くことで取引先との信頼も構築しやすくなります。

このように、資格取得を目指すことで、短期集中的に学習ができる、合格することで対外的な技術証明がしやすくなるなどのメリットが生まれます。

Python3エンジニア認定基礎試験であれば、受験料も約1万円と、それほど高額ではありませんし、ぜひとも挑戦してみましょう!

Pythonの資格試験の難易度

Python 3 エンジニア認定基礎試験は70%の正答率で合格であり、受験生の合格率は70~80%ほどだと言われています。

資格試験としては合格率は高い方ですが、油断は禁物。基礎をしっかりとおさらいしておきましょう。

Python3エンジニア認定データ分析試験はより応用力が問われるので、基礎試験より難易度が高いです。高すぎて無理!というほどではないので、教本に沿ってきちんと勉強しておきましょう。

Pythonの資格試験の勉強方法

Pythonの資格試験の勉強方法は至ってシンプルです。

教本に沿って勉強する

そのとおり、各試験ごとに設定された教本に沿って、対策を自分なりに立てながら勉強していく方法です。

ある程度、基礎力が身についている人は、資格取得をゴールにこちらの方法で勉強するのがよいでしょう。

独学で超初心者向けPython教本をベースに学習する

まったくの初心者だ!という人は、教本以上に初心者向けの教本を購入し、学習してから教本に取り組むとよいでしょう。

独学の場合、どうしても忙しかったり、モチベーションが上がらなかったりすると学習が後回しになってしまうので、そうならないように強制的に資格試験を入れるというのは大事なテクニックです。

Pythonエンジニアになるには?未経験から独学で勉強するポイント

スクールでPythonについての基礎を学ぶ

初心者で、独学だとどうしても挫折してしまう…という方は、資格試験以前に、スクールでPythonの基礎をプロの元で学んでおくのをオススメします。

独学で学習するぞ!と意気込んでも、結局学習方法がわからなかったり、フィードバックがなかったりするため手応えがなくて挫折してしまっては元も子もありません。

だからこそ、プロから指導を受けられるスクールに投資して、退路を断って学習するのも一つです。

Pythonを本格的に勉強するならデジハリ・オンラインスクール

Pythonをこれから勉強したい方へ。デジハリ・オンラインスクールは、好きな時間に好きな場所で学習できるオンラインスクールです。

1994年の創業以降、数多のクリエイターを輩出してきた「デジハリ」の教育エッセンスを落とし込んだ「学びやすさ」に強みを持つ講座です。自分のライフスタイルにあったカリキュラムで、本格的にPythonのスキルを身に着けたい方は、ぜひとも一度講座ページを見てみてください。

デジハリ・オンラインスクールは、本気で挑戦するあなたを全力で応援します👍

 

デジハリ・オンラインスクール Python講座

 

まとめ

こちらの記事では、Pythonでできることやできないこと、文法やインストール方法などをまとめて紹介してきました。今後ますます人気になっていくことが予想されるPython。ぜひともあなたも学習をはじめてみてはいかがでしょうか。