ゲームが大好きな方にとって、ゲームの開発に携わることができる「ゲームクリエイター」という仕事は憧れではないでしょうか。とても人気が高いため、常に競争率が激しい仕事だといえますが、なりたい人は後を絶ちません。

ゲームクリエイターになるためにはどのようなステップを踏んだら良いのか、そして具体的な仕事内容や年収などといった基礎知識についてまとめてみました!ゲームクリエイターに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ゲームクリエイターとは?

ゲームクリエイターとはゲームクリエイターとは、ゲームソフトの開発や制作を手掛ける仕事です。例えば、自社内でゲームの開発から販売まですべてを行っているゲームメーカーに勤務する場合、ゲームクリエイターは開発部門を担当します。

一方、ゲーム開発会社に勤務する場合は、ゲームメーカーから発注を受けた内容を元に、ゲームを制作することがゲームクリエイターの務めです。ゲームメーカーは大規模な企業が多いですが、ゲーム開発会社は比較的小規模な企業が多い傾向にあります。

 

ゲームクリエイターの仕事内容

一口にゲームクリエイターといっても、その仕事内容は担当箇所によってさまざまです。ゲームのシナリオを考案する、デザインや音楽を決める、ゲームプログラマーと共にゲーム内のシステムやプログラムを考えるなど、多種多様の仕事があります。代表的なものを以下にまとめてみました。

 

・プロデューサー

ゲーム制作における予算面の管理や制作メンバーのスケジュール管理などを行います。

 

・ディレクター

ゲーム制作の進行を確認しながら、個々の部門に的確な指示を出します。

 

・プランナー

新しいゲームをプランニングします。市場の動向をマーケティングしながら、今後どのようなゲームが売れそうかを企画・立案します。

 

・シナリオライター

ゲームのストーリーや登場人物のセリフを決めて行きます。全体を見ながら調整しシナリオを作っていく必要があるため、プロデューサーやディレクターが兼任するケースも多く見られます。

 

・グラフィックデザイナー

ポリゴンと呼ばれる3Dグラフィック技術を使って、登場人物や背景といったすべての絵を描いていきます。

・サウンドクリエイター

ゲーム内の音楽を担当します。戦闘時の音楽やテーマ曲を作ることはもちろん、ボタンを押す音、ドアを開ける音などといった効果音も作ります。

 

・プログラマー

絵や音楽などを、プログラミングを行ってゲーム内に落とし込む作業を行います。

 

ゲームクリエイターになるには

ゲームクリエイターになるにはゲーム開発に携わる場合は、コンピューター関係の学校で基本的なパソコンスキルはもちろん、グラフィックスキル、プログラミングスキルなどを習得する必要があります。プロデューサーやディレクターといった企画職を目指す場合は、大卒以上の学歴が求められる場合が多いようです。

ただし、ゲームクリエイターという仕事において最も大切なことは決して学歴ではなく、センスや企画力、表現力です。就職試験の際にも、必ずこの力量を見られることでしょう。また、ゲームに対する情熱があるかどうかも重視されます。

 

ゲームクリエイターの年収は?

ゲームクリエイターの年収は、勤めている会社の規模や役職によって大きく異なります。一般的に正社員として働く場合は、年収300~600万円ほどが平均であるといえるでしょう。役職が上がってトップのゲームクリエイターになれば、年収1,000万円超えも夢ではありません。

 

まとめ

ゲームクリエイターになるためにぜひ知っておきたい基本情報をまとめてみました。ゲームクリエイターは、大変やりがいが大きく夢のある仕事です。自分が関わった作品が世に出て評価されれば、喜びもひとしおでしょう。まずはその憧れの職業に就けるように、ゲームクリエイターに必要なスキルをしっかりと磨くことから始めましょう。