最近、3Dプリント技術の飛躍的な発展が注目を集めています。それに伴って人気が上昇している仕事が、「3Dモデラー」です。グラフィックのモデリングを行うというものづくりが好きな方にとってはやりがいが大きい仕事ですが、簡単な仕事ではありません。

そこで、3Dモデラーの基礎知識や3DCGモデリングの仕事内容と目指し方についてまとめてみました!これからCGの世界で活躍したいと考えている方、ぜひ参考にしてみてください。

👉これから3DCGデザイナーを目指す方へ

3Dモデラーとは?

3Dモデラーとは3Dモデラーは、ゲームやアニメなどに登場する人物やアイテム、背景などといったあらゆるものを、3DCGソフトを利用して立体的に形作る仕事です。デザイナーが描いたデザインをもとに、それを実際に形にするといった重要な役割を担っています。少しでもバランスが崩れると対象物のイメージが大きく変わってしまうため、よりリアルで見栄えの良いグラフィックを完成させることが重要です。

 

3Dモデラーは、モデリングのスタイルによって3種類に分類されます。

まず1つ目は「ポリゴンモデラー」で、三角形面または四角形面などの多角形面の組み合わせや集合体で物体を描いていくスタイルです。なめらかな表現が可能なため、ゲームやアニメのキャラクターや背景といった、人物や有機物を描くことに適しています。

 

2つ目は「サーフェイスモデラー」で、「NURBS」と呼ばれる数学的な面の形状によって物体を表現するモデラーです。機械的な繊細さを厳密に表現する工業デザインに多く用いられています。自動車のボディはこのサーフェイスモデラーを使って形作られています。

 

3つ目は「ソリッドモデラー」で、ポリゴンモデラーやサーフェイスモデラーとは異なり物体を形作るだけではなく、それらを組み合わせることが可能です。そのため設計関連のグラフィックに大変向いており、製造業では最も使われることが多いモデラーとして知られています。

 

3DCGモデリングの仕事内容

3DCGモデリングの仕事内容まずは原画や資料をもとにして、構図を考えていきます。その際にはデザイナーやアートディレクターなどと綿密な打ち合わせをして、クライアントがイメージする形をしっかりと把握することが重要です。必要であれば自ら資料を調達し、より高い完成度のモデリングを目指します。

次に、細かい描写に入る前に、全体的なレイアウトを決めていきます。レイアウトが決まったら、いよいよ個々のモデルの形成です。光による見え方の効果なども考慮しながら、リアリティの高いモデルを作っていきます。最終的にテクスチャやマテリアルといった技術も取り入れながら、完成を目指します。

 

3Dモデラーになるには

一般的には、情報系の大学やグラフィック・プログラム系の専門学校を卒業したのち、ゲーム制作会社などに就職して知識や経験を積んでいきます。仕事を始める前に3Dモデリングの技術をすべて習得する必要はありません。ただし、よく用いられる「3ds Max」「Maya」といった3DCGソフトの基本的な使い方を身に付けていると、就職の際に有利になるほか、実際に働き始めてからの仕事がスムーズになるでしょう。

また、3Dモデラーには空間認識能力が必要不可欠です。物を立体的に捉えることができる能力を持っていると、よりクオリティの高い仕事をすることができるでしょう。普段から空間認識能力を高める訓練を行っておくと、その能力を仕事上で存分に生かすことができます。

 

まとめ

3Dモデラーについての基礎情報をまとめてみました。近年3Dモデリング技術がどんどん進化しているため、3Dモデラーの仕事は今後ますます必要とされていくことでしょう。大変複雑で高い技術力や応用力を必要とする仕事ですが、その分やりがいや面白さは大きいといえます。3D技術に興味がある方、物を立体的に表現することが好きな方、ぜひ3Dモデラーの仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

学校に通うことが難しい方は、オンライン講座がおすすめ!

3Dモデラーを目指したいけれど、地方在住でよい学校がない、会社に勤めていて日中時間が取れない、という方に、デジハリ・オンラインスクールの3DCG講座がお勧めです。

3dsMax、Maya、ZBrushといった代表的なソフトの基礎から応用スキルを、有名なCG作品を手がけたプロクリエイターから学べ、直接質問をすることも可能。また、受講生は卒業後も求人紹介などのサポートがあるので、効率よく就職活動に取り組めます。