「3DCGベーシック講座」3つのポイント

分かりやすくて身につきやすい動画材料

これまでに5万人のクリエイターを業界へ送り出してきた「デジタルハリウッド」のノウハウを完全動画化。
動画はすべてインターネットにつながったPCがあれば世界中どこからでもご受講いただくことが可能です。
さらに期間内であれば、動画は何度でも繰り返しご受講いただけます。
わからないことは何度でも、繰り返し受講できるので、着実に身につけて頂くことができます。

カリキュラム概要

モデリング実習

3DCG制作のワークフロー/プリミティブモデリング/ポリゴンモデリング/NURBSモデリング/キャラクターモデリング

テクスチャ/ライティング実習

マテリアル(質感)設定/UVマッピング/Photoshopの基礎/テクスチャー作成/ライティング基礎/カメラの設定/レンダリング基礎

アニメーション実習

キーフレームアニメーション/スケルトン構造/IK、FKによるアニメーション/コンストレイン、ドリブンキー/デフォーマー、バインドによる変形/スキニングとウェイト調整/キャラクターリグ/歩行アニメーション

エフェクト/ダイナミクス実習

2Dペイントエフェクト/3Dペイントエフェクト/パーティクル/リジッドボディ/ソフトボディ

レンダリング/コンポジット実習

レンダリング応用/レイトレーシング/Mental Ray/レンダーレイヤーによる素材分け/AfterEffects基礎/AfterEffectsによるコンポジット

課題添削、質問サポートであなたの学習をバックアップ!

「オンライン」に不安をいだいている方もご安心ください。
わからないことや、制作した課題の添削など、あなた専用のサポートチームが最後まで丁寧にあなたをサポートします。だから初心者でもスムーズに学習いただけます。
さらに定期的な課題をこなすことで最後まできちんと学習を続けて頂けます。

安心の質問サポート

「動画授業だとわからないことがあった時に不安だな」と思われた方もご安心ください。
授業中分からないことはなんでもご質問ください。現役クリエイターの講師がみなさまのご質問にすべてお答えさせていただきます。
質問の回数は無制限。「わからない」ことは「わかる」までしっかりとサポートさせて頂きます。

現役クリエイターによる課題添削サポート

本講座では、授業の中で様々な課題を制作いただきます。
実際に課題を制作することで、実際のソフト操作方法や、制作フローを学習いただきます。
作成頂いた課題は、提出していただき講師が添削をさせていただきます。
プロの添削を受けることであなたのスキルは飛躍的に向上するはずです。

プロ用ソフト「Maya2013」がお得なアカデミック価格で付属

本講座には Autodesk Entertainment Creation Suite が授業料の中に含まれております。
創造性と効率性を最大限に高めるコスト効率に優れたソリューション、Autodesk Entertainment Creation Suite を使用して、最新のアニメーション パイプラインを構築できます。

パッケージ内容

Autodesk 3ds Max 2013/Autodesk Maya 2013/Autodesk Softimage 2013/Autodesk MotionBuilder 2013/Autodesk Mudbox 2013/Autodesk SketchBook Designer 2013/Autodesk Design Review 2013

※本ソフトは学生版です。使用期限は、「在学期間中まで」となりますのでご注意ください。
別途料金をお支払頂くことで、卒業後もご利用頂ける「製品版」へグレードアップすることが可能です。

プロが語る「3DCGベーシック講座」

株式会社スパイス チーフデザイナー 喜藤 健介 氏

千葉工業大学 工学部情報工学科の卒業研究で初めて3DCGに触れる。その後就職してシステムエンジニアに。エンジニアとして4年間勤める。3DCG業界への憧れを捨てきれず、システムエンジニア時代に安価な3DCGソフトを購入し、独学で勉強を始める。本格的に3DCG業界での就職を目指すべく、デジタルハリウッド東京本校の本科に入学。Mayaを学ぶ。卒業後、スパイスに入社。

Mayaの基本操作はこれで大丈夫ですね。

-「3DCGベーシック講座」の授業を体験してみていかがでしたか?

私たちが本科(※1)で学んだMayaの授業がそのまま再現されていて驚きました。
モデリングからアニメーションまで、3DCGの制作工程が一通り学べますので、Mayaの基本操作はこれで大丈夫ですね。
他校出身の同僚も「デジタルハリウッドの授業だ~」と、興味深々でしたよ(笑)。

(※1)デジタルハリウッド専門スクールの1年制コース(当時)

-小倉以索講師(※2)が講師を担当しています。

とても懐かしかったですね(笑)。
スパイスにはデジタルハリウッド卒業生が多く、小倉先生の教え子も多いので、当時の昔話で盛り上がりました。
実は、この職場を紹介してくれたのも小倉先生なんですよ。

(※2)デジタルハリウッド専任講師、ブログはこちら。

-動画教材のクオリティやスピードはいかがでしょうか?

まずは想像以上に映像が大きくてきれいで驚きました。
初心者にとってはうれしいでしょうね。
講師の説明のスピードも、僕らが教室で授業を受けていた時と同じ位なので、ちょうど良いと思います。
もし「ちょっと早いな」と感じても、映像なので何度でも見れますし。
僕らは1回聞き逃したら終わりだったので、とてもうらやましいです(笑)。

-動画教材のメニュー言語は英語を採用しています。

会社によると思いますが、まだまだ現場では英語メニューが使われていると思いますので、就職のことを考えると実践的で良いと思います。私は個人的に日本語メニューも使ってますが、日本語のほうが直感的に使ってみたくなる機能も多いので、学習中は両方試して欲しいですね。

(※3)Mayaのメニューの言語は日本語と英語を切り替えることができます。

-「課題」が充実しているのも講座の特徴です。

僕らがスクールに通っていた時も、課題には真剣に取り組んでいました。
課題で作成した作品は、就職活動の際にポートフォリオとして使用しますから、手が抜けませんよね。
講師やクラスメイトから講評されて作品のクオリティは上がるので、ぜひ、質問受付や添削サービスをフル活用させて欲しいですね。

コース概要 有名プロダクションも絶賛!日本初の本格的3DCGオンライン講座

3DCGベーシック講座

受講期間 12ヶ月
受講時間 動画授業:40時間
受講料 388,500円(税込)
添削回数 12回
教材テキスト Maya(343ページ)
付属教材ソフト Autodesk Entertainment Creation Suite 2013 学生版
詳細はこちら

3DCGベーシック講座の実習は単体で受講することも可能です。

3DCGベーシック講座
入門 モデリング編

モデリング編
テクスチャー/ライティング編

受講期間 6ヶ月
受講時間 動画授業:15時間
受講料 153,600円(税込)
添削回数 3回
付属教材ソフト Autodesk Entertainment Creation Suite 2013 学生版
詳細はこちら

3DCGベーシック講座
初級 アニメーション編

アニメーション編

受講期間 3ヶ月
受講時間 動画授業:9時間
受講料 83,400円(税込)
添削回数 3回
詳細はこちら

3DCGベーシック講座
中級 エフェクト・ダイナミクス編

エフェクト/ダイナミクス編
レンダリング/コンポジット編

受講期間 3ヶ月
受講時間 動画授業:7時間
受講料 83,400円(税込)
添削回数 3回
詳細はこちら

3DCGベーシック講座
上級 プラグイン編

プラグイン編

受講期間 3ヶ月
受講時間 動画授業:9時間
受講料 83,400円(税込)
詳細はこちら

PAGE TOP