最近はWebはもちろん、テレビや街中の動画広告でも多く見かけるようになってきたVTuber(ブイチューバー)。国内では、キズナアイを筆頭に2016年頃から爆発的に人気が出て、一般的にもかなり認知された存在となりました。

 

YouTuberやインスタグラマーのように自分の作った動画でファンを作るクリエイターが増えているように、個人でもVTuberを制作して活躍している人たちが多くいます。

今回の記事ではVTuber制作デビューをしたいと考えるあなたのために、VTuber制作をするための無料ソフトについて紹介したいと思います。

👍こんな方のための記事です
  • VTuberを自分で制作してみたい人
  • VTuber制作用の無料ソフトを探している人

 

そもそもVTuberとは?

VTuberは「Virtual Youtuber」の略。すなわち、本人が直接出演するYouTuberと違って、モーションキャプチャー技術によって作られた3Dキャラクター(アバター)が出演するというもの。

 

国内ではキズナアイやミライアカリなど、美少女系のVTuberが特に人気を博しており、キズナアイのYouTubeチャンネルの登録者数は250万人を超えるなど、市場として大きな盛り上がりを見せています。

 

 

実写映画に対してアニメーションが発展したように、今後は5Gなどの技術発展に伴って、世の中のコンテンツの動画シフトが進むことが想定され、VTuber業界も今後さらに盛り上がりを見せるのではないかと思われます。

 

個人でVTuber制作の技術を勉強することの魅力

有名なVTuberは企業プロデュースのものが多いですが、個人でVTuber制作を学ぶことは様々なメリットがあります。

 

  • VTuberを通じて個人としての情報発信ができる
  • 今後市場価値がさらに高くなることが想定されるVR領域の動画制作のスキルが身につく
  • 自分が表に出なくても、キャラクターにファンが付いてそこから新しいビジネスチャンスや表現に機会につながる

 

などなど。まだまだ個人でVTuberを制作している人は多いとは言えないので、今のうちから自分でキャラクターを作って、発信してみることはすごく価値ある経験となるはずです。

 

VTuber制作に必要なもの

Vtuberを始めるために必要機材は?

VTuber制作を本気で始めようとすると、最低でも20~30万程度の費用がかかります。

必要なアイテムは以下です。

 

  • 高スペックのPC
  • カメラ
  • モーションキャプチャーソフト
  • マイク

 

なかなか高額ですし、ゼロからVTuber制作をやるという方は、まずはREALITYエモモなど、スマホがあれば楽しむことのできるVTuberアプリで、仕組みを理解するところから始めましょう。

 

おすすめVTuber制作ソフトその1 FaceRig / Live2D

 

FaceRigはWebカメラが顔の表情を読み取り、リアルタイムでアバター化してくれるソフトです。Live2Dは2Dのイラストを動かすことのできるソフト。

これらを活用すると、PCとWebカメラとマイクさえあれば気軽にVTuber制作ができちゃいます。FaceRigは有料ですが、Live2Dは無料版もあるので、気軽に始めやすいのも魅力です。

購入はSteamから。

 

おすすめVTuber制作ソフトその2 FaceVTuber

パソコンとWebカメラとマイク、Google Chromeのブラウザさえあれば手軽にVTuberが作れるというこちらのソフト。自分の顔をWebカメラでトラッキングすることで、キズナアイや輝夜月といった人気キャラクターに気軽に変身することができるのが特徴です。

 

 

おすすめVTuber制作ソフトその3 Hitogata

HitogataもパソコンとWebカメラとマイクさえあれば、気軽にVTuber体験ができるソフトです。特徴としては、自分なりにキャラクターや背景などを自由にカスタマイズして楽しむことができる点です。こちらのソフトも無料で使用することができます。

まとめ

この記事では、初心者の方でも比較的お手頃にバーチャルモデルを使った動画制作が可能になるソフトウェアをご紹介しました。自分にピッタリのソフトを探して、ぜひ、Vtuberデビューにチャレンジしてみてください。

オリジナルモデルを使って差別化してみたい!という方は、以下の記事も参考になさってください。