最近はWebはもちろん、テレビや街中の動画広告でも多く見かけるようになってきたVTuber(ブイチューバー)。国内では、キズナアイを筆頭に2016年頃から爆発的に人気が出て、一般的にもかなり認知された存在となりました。

 

YouTuberやインスタグラマーのように自分の作った動画でファンを作るクリエイターが増えているように、個人でもVTuberを制作して活躍している人たちが多くいます。

今回の記事ではVTuber制作デビューをしたいと考えるあなたのために、VTuber制作をするための無料ソフトについて紹介したいと思います。

【👍こんな方のための記事です】

  • VTuberを自分で制作してみたい人
  • VTuber制作用の無料ソフトを探している人

 

👍VTuber制作を学びたいあなたへ🔥

 

そもそもVTuberとは?

VTuberは「Virtual Youtuber」の略。すなわち、本人が直接出演するYouTuberと違って、モーションキャプチャー技術によって作られた3Dキャラクター(アバター)が出演するというもの。

 

国内ではキズナアイやミライアカリなど、美少女系のVTuberが特に人気を博しており、キズナアイのYouTubeチャンネルの登録者数は250万人を超えるなど、市場として大きな盛り上がりを見せています。

 

 

実写映画に対してアニメーションが発展したように、今後は5Gなどの技術発展に伴って、世の中のコンテンツの動画シフトが進むことが想定され、VTuber業界も今後さらに盛り上がりを見せるのではないかと思われます。

 

VTuberとアニメの違いとは?

「VTuberとアニメって何が違うの?」という疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

大きな違いとしては、アニメはあるストーリーのもとに映像があって、そこに声優が声をつけるのに対して、VTuberは声優やアーティスト、YouTuberの人がアバター出演するという点にあるといえるでしょう。

また、アニメはテレビや動画配信サービスなどの大規模メディアで配信されることが多いですが、VTuberはYouTubeを中心として活動するのが基本です。

アニメの場合は、あるストーリーやキャラクターのもと声優が裏方として活動するのに対して、VTuberはそのキャラクターおよび中の人がタレントのように主体となって活動するとイメージするとわかりやすいかもしれません。

 

VTuberのメリット・デメリット

VTuberにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

VTuberのメリット

個人のクリエイターとして活動をする上で、中には多くのYouTuberのように顔をネット上に出したくないという方もいると思います。アバターで顔を隠せるVTuberはそういった方にオススメです。

また、VTuberとして、現実の自分とは異なるキャラクターとして活動することによる楽しさや、「中の人」「魂」になることでのドキドキ感もあるといえるでしょう。

企業がVTuberをマーケティング活動等で使用するメリットとしては、インパクトがあり、かつ有名人などと比較して低コストで作成できるVTuberによってコンテンツを量産しやすい点にあるでしょう。

VTuberのデメリット

VTuberのデメリットとしては、実写のYouTuberと比較した際に、表現の幅が限られるという点があるかもしれません。たとえば、外ロケがしにくいなど設備のないところでは、VTuberらしい表現がしにくい点があるでしょう。

また、企業がマーケティングでVTuberを使用する際も、商材によってはあまり相性のよくないものもあるでしょう。たとえば、取材の必要な旅ロケものや食事もの、美容ものなどです。もちろん、中には成功事例もありますが、バーチャルならではの得手不得手があることは理解しておきましょう。

 

個人でVTuber制作の技術を勉強することの魅力

有名なVTuberは企業プロデュースのものが多いですが、個人でVTuber制作を学ぶことは様々なメリットがあります。

 

  • VTuberを通じて個人としての情報発信ができる
  • 今後市場価値がさらに高くなることが想定されるVR領域の動画制作のスキルが身につく
  • 自分が表に出なくても、キャラクターにファンが付いてそこから新しいビジネスチャンスや表現に機会につながる

 

などなど。まだまだ個人でVTuberを制作している人は多いとは言えないので、今のうちから自分でキャラクターを作って、発信してみることはすごく価値ある経験となるはずです。

 

VTuber制作に必要なもの

Vtuberを始めるために必要機材は?

VTuber制作を本気で始めようとすると、最低でも20~30万程度の費用がかかります。

必要なアイテムは以下です。

 

  • 高スペックのPC
  • カメラ
  • モーションキャプチャーソフト
  • マイク

 

なかなか高額ですし、ゼロからVTuber制作をやるという方は、まずはREALITYエモモなど、スマホがあれば楽しむことのできるVTuberアプリで、仕組みを理解するところから始めましょう。

 

高スペックPC

VTuberとして活動していく上でもっとも重要なアイテムといっても過言ではないのがPCです。

スペックの低いPCを選んでしまうと、編集時に動作が遅くなってしまったり、フリーズしたり、思うような動画が作れなくなる恐れがあります。制作時のストレスを減らす目的でもPCは高スペックのものを用意しましょう。VTuberはライブ配信やゲームの実況中継などもおこなうことが多いため、なおさら高負荷に耐えられるものがよいです。

価格帯としては最低ラインでも10万〜15万円くらいのものになるでしょう。

おすすめのスペックとしては以下です。

 

  • メモリ:最低でも8GB以上(できれば16GB以上がのぞましい)
  • CPU:Intel Core i7シリーズ以降のもの
  • HDD:200MB以上がおすすめ
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 850M 相当以上のもの

 

Webカメラ

VTuberのベースとなる「フェイストラッキング(顔認証)」をするために必要になるのがこちらのWebカメラです。

VTuberはYouTuberほどのハイスペックなカメラは必要ありません。また、デジカメや家庭用のビデオカメラなどを接続することも可能ですが、接続の設定が簡易なのはWebカメラとして販売されている商品なので、そちらを買った方がラクです。

5000円以下で十分なクオリティのものが買えますし、PCのデフォルトカメラでも対応できるので、YouTuberも並行してやっている方や、仕事でハイスペックなWebカメラがほしい人でない限り、それほどリッチなものは購入しなくてよいでしょう。

マイク

マイクはVTuberの声質に大きく影響するため、キャラクターのイメージに関わるアイテムです。

マイク購入時はジャック接続のものではなく、USB接続が可能なものを購入するようにしましょう。マイクもモノによって値段やスペックがピンキリではありますが、5000円ほどあれば有名なメーカーの商品でも購入できるでしょう。

最近はリモートワークも当たり前になり、仕事でも使えるアイテムなので、持っておくとなにかと便利です。

編集ソフト

VTuberの動画編集において、便利なソフトをいくつか紹介します。

iMovie

Macユーザー向けのプリインストールされている無料の動画編集ソフトです。かんたんな動画の切り貼りはできますが、細やかなテロップ設計やエフェクトなどを考えると、少し機能が足りないように感じる方が多いでしょう。

無料で初心者でもかんたんに使用できますが、よりハイレベルな動画を目指すのであれば、別のソフトがおすすめです。

 

Filmora9

Filmora9は、買い切り型のコストパフォーマンスに優れた動画編集ソフトです。

iMovieとAdobe Premiereの間のスペックで、初心者と中級者のいずれにもおすすめできるソフトです。無料版から始められるので、興味のある方は一度使用してみるとよいでしょう。

Adobe Premiere

Adobeが提供するプロフェッショナル向けの映像編集ソフトです。映像業界でも広く使用されており、こだわりのある動画を作りたいのであれば、間違いないソフトといえるでしょう。CG表現も多く用意されています。

一方で、価格としてもその分高くはなるので、初心者の方にとってはtoo muchになる可能性もあります。

 

おすすめVTuber制作ソフトその1 FaceRig / Live2D

 

FaceRigはWebカメラが顔の表情を読み取り、リアルタイムでアバター化してくれるソフトです。Live2Dは2Dのイラストを動かすことのできるソフト。

これらを活用すると、PCとWebカメラとマイクさえあれば気軽にVTuber制作ができちゃいます。FaceRigは有料ですが、Live2Dは無料版もあるので、気軽に始めやすいのも魅力です。

購入はSteamから。

 

おすすめVTuber制作ソフトその2 FaceVTuber

パソコンとWebカメラとマイク、Google Chromeのブラウザさえあれば手軽にVTuberが作れるというこちらのソフト。自分の顔をWebカメラでトラッキングすることで、キズナアイや輝夜月といった人気キャラクターに気軽に変身することができるのが特徴です。

(キャプチャ引用: https://facevtuber.com/ )

おすすめVTuber制作ソフトその3 Hitogata

HitogataもパソコンとWebカメラとマイクさえあれば、気軽にVTuber体験ができるソフトです。特徴としては、自分なりにキャラクターや背景などを自由にカスタマイズして楽しむことができる点です。こちらのソフトも無料で使用することができます。

 

👍VTuber制作を学びたいあなたへ🔥

 

VTuberの作り方って?

VTuberの作り方をかなりおおまかにまとめると以下のようなフローとなります。

キャラクターのアバターを作る

まずはキャラクターのアバターを作ります。

VRoidや先程紹介したFaceRigやLive2D、Adobe Character などを用いる方法があります。

ボイスを作成する

ボイスチェンジャー系のサービスを用いて、アバターにマッチした声を作成します。

美少女系のVTuberに声をつけるのは、通称「バ美肉(バーチャル美少女受肉)」と呼ばれています。

個人が利用するような代表的なボイスチェンジャーサービスとしては

  • バ美声
  • ボイスチェンジャー by ユーザーローカル
  • Gachikoe! Core
  • 恋声

などがあります。

モデルを動かす

そして、モデルを動かすモーションキャプチャーです。キズナアイなどの本格的な企業VTuberの場合、全身に「トラッカー」と呼ばれるセンサーをつけて、全身の動きを撮影し、モデルに反映させます。

エモモなどのアプリの場合は、ここまではすることなく、バストアップショットで簡単にVTuberの動きをつけることができます。

YouTube配信

そして、完成した動画をYouTubeへの動画アップロードして、終了です。

 

あなたも、VTuberデビューしてみよう!

この記事では、初心者の方でも比較的お手頃にバーチャルモデルを使った動画制作が可能になるソフトウェアをご紹介しました。自分にピッタリのソフトを探して、ぜひ、Vtuberデビューにチャレンジしてみてください。

オリジナルモデルを使って差別化してみたい!という方は、以下の記事も参考になさってください。

 

👍VTuber制作を学びたいあなたへ🔥