クラレ社調査の「2020年版 新小学1年生が将来就きたい職業、親が就かせたい職業ランキング」で、「将来就きたい職業」「親が就かせたい職業」の両者において、高い順位にランクインしている、エンジニア・プログラマーの仕事。

あたり前のように「プログラミング」といった言葉が使われていますが、具体的にプログラマーがどのような仕事をしているのかをあなたは説明できますか?

本稿では、「プログラミング」とはそもそもどのようなものなのか、プログラマー関連の職種にはどのような種類があるのか、プログラミング技術を身につけることでどのようなメリットがあるのかなどを解説いたします。

 

オンラインでプログラミングの基礎を学びたいあなたへ

プログラミングとは

そもそも「プログラミング」とはいったいなんなのか?ということについて解説します。

パーソナルコンピューターの登場・普及と同時に浸透したこの「プログラミング」という言葉は、コンピュータを使ってプログラム(=コンピュータへの指示を記述したもの)を作成することを指す言葉です。

言葉としては理解していても、プログラムを自分や誰かが「作成したもの」だということは、私たちの普段の生活では、想像することはあまりないかもしれません。

プログラミングとは「コンピュータに指示を出す」こと

プログラミングとは、ざっくりいうと「コンピュータに指示を出す」こと。

どれだけ高機能なコンピュータでも、動かすためには何を目的に何をしたいのかを、コンピュータに伝える必要があります。そのために必要な「指示」がプログラミングなのです。

「これをやりたいときは、こうする」のようなパターンを指示して認識させることで、コンピュータは機能します。

プログラミング言語とは

コンピュータに指示を出すために使われる言語が、プログラミング言語です。

PHP、JavaScript、Python、GO、Kotlin、Java、Swift、C#、C++などメジャーなものからマイナーなものまでさまざまな種類があり、その数は200種類を超えます。

プログラミング言語によって、スマートフォンやゲーム、アプリなども動いているのです。

プログラミングを使ってできること

コンピュータにプログラミングをすることで、大量の情報を高速で処理できます。

人間がやっていては莫大な労力と時間、正確さが必要な作業も、コンピュータを使えば一瞬で終わります。

最近は、AIの進化なども進み、コンピュータに機械的かつ自動的に処理できる作業はコンピュータにまかせて、想像力が必要なクリエイティブな業務や人と人同士のコミュニケーションが求められる仕事に、人間は集中していこうという動きが生まれてきています。

あなたが見ているこのWebサイトや、デバイスもプログラミングによって成り立っています。

プログラマーのキャリア・働き方は?

プログラマーはどのようなキャリアを描くのか。いくつか種類に分けて解説します。

企業所属のプログラマー

プログラマーとして、ある企業に所属して、社内・もしくはクライアントの要望にそってプログラミングをするキャリアです。

受託開発のプログラマーの場合は、クライアント向けに開発を進め、事業会社所属のプログラマーは自社サービスのプログラミングを進めます。

キャリアとしては、スペシャリストとして進むこともあれば、システムエンジニアやプロダクトマネージャー、ディレクターとしてプログラマーたちの進行役を担うなどのパターンや、マネジメントを担当することでキャリアアップしていくパターンなどがあります。

 

フリーランスのプログラマー

プログラマーとして、企業内である程度経験を積んだあとは、フリーランスのプログラマーとして企業に属さずに活動する人もいます。

案件が企業所属よりも選びやすい、報酬額の交渉がしやすい、働き方の自由度が高いなどのメリットがありますが、反対に自分で案件の調達やセルフマネジメントを進める必要があったり、自分のマーケティング的な観点も持たなくてはいけないので、求められるレベルは高いです。

 

起業

プログラマーとして、安定的に案件が入るようになった場合は法人化して起業するパターンもあります。自社でサービスを開発したり、組織的にプログラマーを集めてマネジメントしたりなど、形態はさまざま。

 

プログラマーが活躍する業界について

プログラマー=WebやIT業界の職業というイメージを持つ人もいるかもしれませんが、デジタル化が進む現代にいては、あらゆる業界においてプログラマーが働いており、その技術が必要とされています。

最近では、機械学習やIoTなどの領域は今後の成長が期待されており、プログラマーの存在が欠かせません。

 

プログラミングを学ぶメリット

それでは、プログラミングを学ぶことでどのようなメリットがあるかを解説しましょう。

冒頭で書いたような、プログラマーが人気の理由にもつながっているといえます。

 

コンピュータの活用の幅が広がる

これだけ日常的にスマートフォンやPCを使うのが当たり前になった現代において、いかにコンピュータを使いこなすかは非常に重要です。

タイピングの速度のようなところから、Webサイトやアプリがどのような構造で動いているかを想像するところまで、幅広くWebやコンピュータに関するスキル・リテラシーを高めるためにもプログラミングの習得は非常に有効です。

コンピュータ関連のトラブルから自分を守るのにもつながるでしょう。

 

論理的に思考する習慣がつく

最近では、プログラミングが小学校の授業に取り入れられる動きがありますが、その背景として、プログラミングを学ぶことで「論理的思考」を身につけるねらいがあります。

プログラミングは、ある原理原則のもと、構造的に物事を考えて形にしていく仕事です。

プログラミングを学ぶことで、コンピュータに関連した技術が身につくだけでなく、「プログラミング思考」とでもいうべき、思考力の向上にもつながります。

 

プログラミングを生かした職業の種類は?

プログラミングに関連した職業にもいくつか種類があります。代表的なものをご紹介します。

 

プログラマー

プログラマーは、プログラミング言語を用いてサービスの中身をつくっていく人です。

前述したように、やりたいことを形にするために、コンピュータに命令をするためのプログラミングを書いていくのが彼らの仕事です。

 

システムエンジニア

やりたいことを定義し、プログラマーの人員や予算、スケジュールなどを管理してまとめていくのがシステムエンジニアの仕事です。

ある程度の規模のサービスになると、プログラマーだけでは企画から管理までやっていくのは不可能です。そこで、全体感を把握した上で推進をしていくシステムエンジニアの仕事が必要となるのです。

プログラマーを経て、システムエンジニアへとキャリアを変える人も多くいます。

 

Webデザイナー

ECサイト、サービスサイト、LPなど、目的ごとのさまざまなWebサイトをデザインしていくのがWebデザイナーの仕事です。

どうやったらそのサイトを訪れた人が目的とした行動をしてくれるか、想像力が問われる仕事でもあります。

デザイン面はもちろん、Googleなどの検索エンジンで評価されやすいようなサイト構造やプログラミングのポイントをわかっておく必要があります。

 

データサイエンティスト

情報が爆発し、ビッグデータ活用やAI活用が重要視されるようになってきたここ10年ほどで注目されるようになった職業がデータサイエンティストです。

現代は、DX(デジタル・トランスフォーメーション)が進み、あらゆる物事のデジタル化が進み、デジタル情報のログがとれるようになってきています。

このデータをいかに分析して、事業に役立てるかを考えるのがデータサイエンティストの仕事です。まだまだ新しい職業であり、母数も少ないデータサイエンティストは年収も高いです。

 

プログラミング技術を持った人材は、今後ますます必要となっていくでしょう。

 

プログラミングを学ぶには?

それでは、続いてプログラミング技術を学ぶ方法を解説します。

 

市販の本を購入する

まずは市販の本を購入して、それをもとに学習していくパターン。

もっとも手軽にはじめられますが、それゆえに三日坊主になって飽きやすかったり、何か気になる点があっても書籍に載っている情報以外はわからないなどのデメリットがあります。

また、書籍によっては内容が少し古かったり、内容がアップデートされていることもあるので、購入時は最新版を買うようにしましょう。

 

オンラインで情報を検索する

オンラインで情報を検索して独学で学習していくパターン。

こちらは、点での情報収集には向いていますが、体系的にプログラミング学習の全体感をわかりながら学習するのには向いていません。

本+検索しながら進めるパターンもありますが、検索するのにもリテラシーが必要だったり、手間がかかったりします。

検索するスキルは必要ではありますが、検索して出てくる情報だけでプログラミングをマスターするのは、高いリテラシーが求められるでしょう。

 

オンライン講座で学ぶ

独学は三日坊主になりがちだし、どうせ本気で学ぶなら体系的に学んで、後で元をとれるようにしたい!という方には講座かスクールがオススメです。

オンライン講座は、コロナ禍の影響でリモートで学習したい人や、地方に住んでいて近くにスクールがない人、子育てや仕事の合間に学習したい人にも向いています。

Webプログラミングを学びたい!オンライン講座でプログラムを学ぶメリット

 

デジハリ・オンラインスクールは、1994年の創業以来数多のクリエイターを輩出してきた「デジタルハリウッド」が運営するオンライン講座です。

現場の一流のプロ監修の続けやすい教材を提供しているので、プログラミングの基礎を体系的に学びたい方は一度講座ページを見てみてください。

デジハリ・オンラインスクールでは、卒業後の就職・転職支援などもやっているため、新たなキャリアを開拓したい方にとっても、安心して学べる講座となっています。

 

デジハリ・オンラインスクールのプログラミング講座一覧

 

スクールに通って学ぶ

スクールに通うことの魅力は、なんといっても対面で学習できることと、仲間ができることです。

気になった点は対面で講師に聞けますし、一緒に学ぶ仲間がいるとモチベーションも上がります。

一方で、通勤時間がかかってしまったり、近くにスクールがない地方在住の方は通いにくいなどのデメリットもあります。

また、卒業後の就職・転職支援などをやっているスクールも多く存在しており、キャリアチェンジしたい人にとってはありがたいでしょう。

 

主流のプログラミング言語まとめ

先程、プログラミング言語は200種類以上あると書きましたが、その中でもとくに主流といわれる代表的なプログラミング言語をご紹介します。

人気プログラミング言語の種類は?特徴を簡単に比較してみました

 

Python(パイソン)

Pythonは、Webアプリケーション開発システム管理、科学技術計算・Webシステムなど、幅広く利用されており、ここ10年ほどは機械学習ブームによって科学技術計算ツールとして高く評価されている言語です。

シンプルに学べて、用途が幅広く、多くの人が使用していることでコミュニティを通じて多くのコードを読むことができるなど、開発者のツボをついている点が人気の秘訣と言えるでしょう。

【初心者必見】注目の言語「Python」とは?特徴や活用事例を解説

 

 

▶Python講座を見る

 

 

Ruby(ルビー)

Rubyは、スマホゲームやWebサービスなどさまざまな開発環境に対応できるという特徴を持っているプログラミング言語です。また、簡易的な言語であり、プログラマーやエンジニアなどの開発者側への制限もあまりないため、人気があります。

プログラミング言語と聞くと、海外発のイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、Rubyは国内で開発された言語です。

 

PHP(ピーエイチピー)

「PHP(Hypertext Preprocessor)」はC言語で書かれたオープンソースのスクリプト言語です。

HTMLのソースにテキストベースで埋め込むことができるため、テキストエディタがあればすぐにプログラムを書くことができる手軽さが魅力です。データベースを扱うようなWebアプリケーションの開発を比較的簡単に行うことができ、コンパイルも不必要です。

初心者でも扱いやすく、ブラウザ上で簡単に動かすことができます。URLの最後が「.php」となっているサイトではPHPが用いられています。

PHPとは?プログラミング初心者のおすすめ言語、PHPでできること

 

▶PHP講座を見る

 

 

JavaScript(ジャバスクリプト)

JavaScriptは、Webブラウザ上で動作するプログラミング言語です。

HTMLとCSSで構築されたWebサイトに動きを加えたり、さまざまなWebサービスを実現したりできます。

例えば、Webページに掲載されたたくさんの画像を横にスライドさせながら表示したり、お問合せフォームに入力された項目をチェックしたり、エラーメッセージを表示させたりすることも可能です。

他にも、ECサイトで商品を選ぶ際に使われるショッピングカートや料金を試算するシステムもJavaScriptで設計されていることがあります。

 

JavaScriptとは?JavaScriptでできること&JavaとJavaScriptの違い

 

JavaScript講座を見る

 

Java(ジャバ)

JavaはOSに依存せずに幅広く使用されているプログラミング言語です。コンパイラ言語のため処理速度が速く、また、オブジェクト指向の言語でもあります。

 

HTML(エイチティーエムエル)

HTML(HyperText Markup Language)は、Webページのタイトル、見出し、段落、箇条書きなどの文章構造を記述する言語です。

Webサイト制作には不可欠な言語であり、Webデザイナーを志す方は必ずおさえておきたい言語です。

HTML5、CSS3とは?最新のサイト制作に必要な習得スキルは?

 

HTML/CSS/PHPを学ぶWebアプリ講座

 

CSS(シーエスエス)

CSS(Cascading Style Sheets、カスケーディング・スタイル・シート)は、ウェブページのスタイルを指定するための言語です。HTMLとセットで使用され、HTMLがウェブページ内の各要素の意味や情報構造を定義するのに対して、CSSではそれらをどのように装飾するかを指定する役割を担っています。

HTMLと同様、Webサイト制作を学びたい方にとってはマストでおさえておきたい言語です。

 

コーディング初心者が覚えておきたいHTML・CSS・JavaScriptの役割

 

まとめ

このように、プログラミング言語にはさまざまな種類が存在しています。

プログラミング技術を身につけるのは、かんたんではありませんが、そのプロセスで得られるプログラミング思考や、構造的に物事を考える能力は一生活かせるビジネススキルになるので、プログラミング学習はたくさんのメリットがあるといえるでしょう。

これから本気でプログラミングを学んでいきたい方は、自分にあった学習方法と、自分がやりたいことから逆算して学んでいく言語の種類を見定めていきましょう。

デジハリ・オンラインスクールでは、未来のプログラマーを目指すあなたを、全力で応援しています!

 

オンラインでプログラミングの基礎を学びたいあなたへ