2D、3Dゲームの開発に使用されているプラットフォーム「Unity」。

今回は、ゲーム開発に携わりたいと考えている方に向けて、Unityの勉強方法やUnity開発者の年収などを紹介します。

まだ未経験だけど、これから本気でゲーム開発の世界に飛び込むぞ!という意思を持った方はご一読を。

 

👍こんな方のためにまとめています
  • 未経験だけど、ゲーム業界の開発職を目指したい方
  • ゲーム業界で働いているけど、Unity習得によってスキルの幅を広げたいと考えている方

👉Unityをこれから本気で学びたいあなたへ

 

Unityとは?

 

Unityは、ユニティ・テクノロジーズ社が提供しているゲームエンジン。

ゲームエンジンは、3Dや2Dの描画、サウンド再生、データ管理、作成ツールなど「ゲームを開発するために必要な環境を備えたもの」になります。したがって、Unityはゲーム開発用のソフトウェアでありプラットフォームです。

また、Unityはゲームエンジンの中で特に人気が高く、多くのRPGや位置情報ゲームがUnityによって作られています。またVR開発にも使用されています。

価格が比較的お手頃である点や直感的な操作ができるのも魅力です。

 

Unityだけでなく、ゲームクリエイター全般を俯瞰的に見たい人は以下の記事もあわせてどうぞ。

👉ゲームクリエイターになるには?ゲームクリエイターの仕事内容&年収

 

Unityで作られたゲームの例

 

・スーパーマリオラン

・ポケモンGO

・ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君(スマートフォン)

・テラバトル

・白猫プロジェクト

このように、リアルなものからコミカルなものまで、2D、3Dの人気アプリの多くがUnityで作られています。

以下の記事では、Unityについてより詳しく解説しています。

ゲームの3D制作におすすめ!開発プラットフォームの「Unity」とは?

 

Unityエンジニアの年収はどれくらい?キャリアは?

 

Unityエンジニアの年収はIndeedなどの求人サイトを見ているとだいたい350~600万程度です。ゲーム開発者の中では高い方なのではないでしょうか。

キャリアのステップとしては、プレイヤーとしてのキャリアを重ねて、マネージャーになるか、フリーランスとしての独立するかというパターンが多いです。

また、ゲームでUnityの技術を覚えてからVR系の領域に進出するパターンもあります。

ゲーム系だと大手のゲーム会社、VR系だとスタートアップ企業が多いです。

このように、縦のマネジメント系キャリアだけでなく、領域を横に広げていくこともできる職業といえるでしょう。

 

Unityエンジニアに求められるスキル

 

・Unityを自由自在に扱い、理想状態を作り上げるスキル

・C#でコードを書けるスキル

・プロジェクトメンバーやチームメイトと円滑にコミュニケーションをとる能力

・わくわくするゲーム体験を想像し、UIやUXに落とし込む力

 

エンジニアとしてのコーディングに関連した技術はもちろん、ゲームもVRも一人で作るわけではないのでチームでコミュニケーションを取りながら、プロジェクトを進めていく能力が必要となります。

 

Unityを未経験から独学で勉強する方法

 

Unityを独学で学んでいくには具体的には以下のようなパターンがあります。

 

・本を元に勉強する

・Web上の資料を元に勉強する

 

基本的に上記の2種類になります。

 

本を元にUnityを勉強する

AmazonなどでUnityの人気の教本を買って勉強するパターンです。

本は体系的に知識がまとまっていますが、実際に画面で動いている様子はわかりにくいので、YouTubeなどを見ながら、補足して勉強していくことになるでしょう。

 

Web上の資料を元に勉強する

Web上のUnity開発者のブログなどを見たり、YouTube上にあるUnityエンジニアの方の動画を参考にしながら勉強するパターンです。

中には、Unityを勉強できるWebサイトもあるので、そちらで学習していくのもよいでしょう。

 

Unityを独学で学ぶメリットとデメリット

 

Unityを独学で学ぶ場合、メリットとして、「自分の好きな時間で好きなように学べること」「費用がかからないこと」が挙げられます。

一方で、デメリットとして、Unityのプロに悩んだときに相談できなかったり、フィードバックがないことによって成長速度が上がらないなどの課題があります。

また、独学の場合、どうしても「三日坊主問題」がつきまといます。せっかく初めても、やめてしまってはもったいないです。

ですから、中長期で見て、独学で学ぶのか、プロフェッショナルに習うのかは判断してから勉強を始めることを推奨します。

 

Unityをスクールで学ぶメリット・デメリット

 

Unityを独学ではなくスクールで学ぶと、どうしても「費用がかかる」というデメリットがあります。

一方で、スクールに通うと、以下のようなメリットがあります。

 

・プロフェッショナルからのフィードバックを受けられる

・費用を払うことで、「元をとる」気持ちで覚悟が生まれる

・横のつながりが生まれ、切磋琢磨する仲間ができる

・就職や転職のサポートを受けられる

 

一時的な初期投資はかかるものの、就職や案件獲得などにつながれば、中長期で見れば十分にもとが取れたと言えるのではないでしょうか。

一人で学ぶことができる人は独学でもいいですが、途中で離脱してしまいそうな人にはスクールで学ぶことをおすすめします。

 

Unityを本気で学びたいならデジハリ・オンラインスクール

 

スクールはどうしても通わなくてはならないという点がありますが、オンラインスクールであれば、場所や時間帯にとらわれずに勉強することができます。

デジハリ・オンラインスクールは、数多のクリエイターを輩出してきたデジタルハリウッドによるプロデュース。

これから本気でUnityを学びたい人は一度講座内容をチェックしてみてはいかがでしょうか。

デジハリ・オンラインは挑戦するあなたを応援します!