いろいろな人と
出会えたことが
楽しかった青木絵利さん

青木絵利さん

フリーランスからフリーランス

現在ゲームなどの背景を制作する「グラフィッカー」として活躍される青木絵利さん。
現在はさらなるスキルアップのため「3DCGベーシック講座」を受講中です。そんな青木さんに受講までの経緯や、授業の感想を伺いました。

いろいろな人と
出会えたことが楽しかった

いろいろな人と出会えたことが楽しかった

デジハリ:実は青木さんは元々「Webデザイナー講座」の卒業生でいらっしゃいます。

青木さん:そうなんです、2008年に受講していました。 当時フリーランスの「グラフィッカー」になったばかりで、できる仕事の幅を広げたいと思っていました。 元々趣味でWebサイトをつくったりしていたのですが、きちんとしたポートフォリオを作りたいと考えていました。 ソフトを安く手に入れることができるというお得感もあり「これはいい機会だから自分に投資をしよう!」と受講を決意しました。

デジハリ:受講されてみた感想はいかがでしたか?

青木さん:クラスに友達ができたりして、いろいろな人とネットワークができることが楽しかったです。 Webの授業を楽しく終えることができたので、CG系の授業も機会があれば受けてみたいと思っていました。

「元が取れる」と
思いました(笑)

デジハリ:「3DCGベーシック講座」を受講するきっかけは何だったのでしょうか?

青木さん:たまたま去年PCを買い換えたことで、CGを受講するスペックが整ったのです。 今なら受講できるなと思いました。 3DCGベーシック講座が「いつか取得したいな」と考えていた「CGクリエイター検定」の認定講座ということにも気が付いて受講をしようと思いました。

デジハリ:受講で取得したことは仕事に活かす予定ですか?

青木さん:はい、仕事に活かしたいですね。 現在は2Dの仕事をしているので、3Dができるようになることで仕事の幅が広がると感じました。 本や、フリーソフトを使って自分でも勉強をしてみたのですが、結局よく分からなかったのです。 そこできちんと勉強するために授業を受けてみようと思いました。

添削の効果は大きい!

添削の効果は大きい!

デジハリ:実際に受講されてみた感想はいかがですか?

青木さん:一人で勉強をしていると自分がしている作業が「正しいのか?」ということが分からなくなるんです。 作品を作っていても、どうアプローチしたらいいのかがわからない。 でも授業では講師の方が実際にやりかたを示してくれるので、すごく理解し易かったですね。 課題の添削を受けることで気づくこともたくさんありました。 講師の方から「こうするんだよ」「こうでいいんだよ」と言ってもらえると安心感があります。 実際に授業を受け始めると一番初めのチャプターだけで、これまで勉強してきたことができるようになりました(笑)

デジハリ:それは独学では得られない感覚ですね。

青木さん:課題の添削では作品をブラッシュアップすることで「より良いものにできる」という手ごたえを感じることができました。 そういった機会を得ることができるのはとてもいいですね。

デジハリ:ただ聞くだけではなく、能動的に学習できるのはデジハリ・オンラインスクールの特徴ですね。

青木さん:授業を受けていくことで3Dに対する苦手意識がなくなりましたね。 それだけでも受講して良かったと思います。 苦手意識がなくなると2Dと3Dの境目がなくなってきました。 今後はもっといろいろなことにチャレンジしてみたいと思いますね。

CGは繰り返し
学習するべき!

デジハリ:ちなみに授業はどういう時に受けることが多いのですか?

青木さん:朝早起きした時や、夜仕事が終わった時に受講することが多いですね。 なるべく自分でスキマ時間を作って、がばっと授業を受けるようにしています。 オンラインはパックをしながらでも授業が聞けるのがいいですね(笑)

デジハリ:授業は繰り返し見ることが多いですか?

青木さん:はい、多いですね。授業を何度も繰り返し見ることができるのはとても良い点だと思います。 一度見ただけでは分かったつもりでも、自分の中に定着していないことが多いのですよ。 2度3度と見てしっかり理解するようにしています。

デジハリ:忙しい仕事のスキマ時間で「3DCGベーシック講座」を受講されている青木さん。ますますの活躍が楽しみです!

Webデザイナー講座

まったくのWeb初心者の方でも、大丈夫!
本格的なWebサイトのデザイン・企画から、コーディング、公開までを習得しプロを目指す、最もスタンダードな講座です。

その他の卒業生