ある夏の一日 (暑中見舞い)

作品概要

制作者 伊地知 佳子 さん[Flash講座]
作品

制作者コメント

ターゲット 10代~20代 暑中見舞いを出される方
コンセプト のんびりとした夏の日のグリーティングカード(暑中見舞い)
制作上の留意点 シーン目、たくさんの箇所が動くので見る人がどこを見ればいいのかわからなくならないように、ペンギン以外は小さくシンプルに動かしてみました。(うまく動かすことができなかったということもありますが…) 3シーン目も、2シーン目が賑やかなのでシンプルに表示させました。
評価を希望する箇所 アニメーション全体のバランス。
その他コメント

アニメーションに関して質問

◎動きをスムーズに見せたい時は、パラパラ漫画のように1枚ずつ描くしか方法はないのでしょうか?

◎ムービークリップの入れ子が多くなったのですが、入れ子が多くなることで重たくなったり、そういったデメリットはあるのでしょうか?

◎何度も作り直したのですが、シーンの切り替えでフェードイン・アウトする際に、それぞれのムービークリップに入っているインスタンスがフェードイン・ア ウトしてしまい、後ろにあるインスタンスが透けて見えてしまいます。こういう場合は、フェードイン・アウトする用にまた画像を作成しなければならないので しょうか?

質問だらけで申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

担当講師コメント

全体的なバランス ストーリの演出がやわらかで、心地の良い作品です。
暑中お見舞いでこんな素敵なアニメーションをもらったら嬉しいですね。
気になった部分としては、コブタの口からでる蚊取り線香の煙の部分です。
煙の出る位置が口の部分から遠く感じるので、もう少し近くにして自然な煙のラインにするととても良くなると思います。
ペンギンの動きに目をいかすようにしながらも、その他の背景で動かしている細かな演出がやわらかで自然な動きになっていると思います。
イラスト 繊細に描かれており、微妙なグラデーションも美しく表現されています。
得に庭に置かれた朝顔が夏のイメージを現して、きれいですね。
>◎動きをスムーズに見せたい時は、パラパラ漫画のように1枚ずつ描くしか方法はないのでしょうか?
動きをきちんと見せる場合は、やはり1つ1つのフレームに動きのあるアニメーションを入れたほうが自然で滑らかになると思います。
こちらの作品のようなイラストでしたらFlashで描けるようなデザインなので、Flashで描かれた方がいいのではないでしょうか。
変形回転をさせるとイラスト以外の写真でも、画質がかわってしまうことがあります。
イラストは単純なものでしたらフラッシュで描いた方が、作業も編集もしやすいと思います。
イラストレーターなどで描いてあまりパスが多いと重くなりますので、気をつけてください。
>◎ムービークリップの入れ子が多くなったのですが、入れ子が多くなることで重たくなったり、そういったデメリットはあるのでしょうか?
シンボルから生成した分身「インスタンス」を配置することで、使いまわすことができるので、分身を利用されているようでしたらそれほど重さは気にしなくても大丈夫ではないでしょうか。
シンボル化せずにトゥイーンがライブラリーにたくさんできてしまわなけれがいいと思います。
>◎何度も作り直したのですが、シーンの切り替えでフェードイン・アウトする際に、それぞれのムービークリップに入っているインスタンスがフェードイン・アウトしてしまい、後ろにあるインスタンスが透けて見えてしまいます。
後ろにあるインスタンスが透けてしまうといった部分は、見ていてそれほど気にならないですよ。
後ろにあるものをすけないようにするのであれば、フェードイン、フェードアウトだけにこだわらず、白(少し透明)から透明のグラデーションをのせてアニメーションさせてみてはいかがでしょうか。
背景が白の場合、白から透明のグラデーションを使うと自然に表現できます。
イラストも動きも、とても繊細に作られていると思います。
Flashを触っていくうちに技術も磨かれて素敵な作品を作り上げていけると思います。
作品一覧へ戻る

卒業生の作品

  • グラフィック作品
  • Webサイト作品
  • Flashアニメーション作品
  • コンテスト受賞作品
  • 簡単!あなたにピッタリ講座診断


はじめの一歩を踏み出そう!

  • 資料請求
  • 無料体験イベント
  • 講座のお申し込みについて

os@dhw.co.jp

ページの先頭へ